バターコーヒーは、温泉のようにまろやかだった

ファットバーニングの食生活を始めてから、コーヒーにはアブラを入れています。MCTオイルやココナツオイルを使っていました。

最近、バターコーヒーがおいしいと話題でした。それもグラスフェッドバターを入れて飲むバターコーヒーです。

何度も見聞きしていると興味がわきます。

まずはハードルが低いところから、家にあるバターで試してみました。

バターコーヒー 始めは少量から

ココナツオイルが流行った頃、コーヒーに入れて飲むことも同時に流行っていました。私も試してみましたが、口の周りに着く油の感じが苦手で、その後続けることはありませんでした。

時は経ち、すでにコーヒー+アブラは慣れています。そうはいっても次は動物性の脂です。口に合うか心配でひとかけらから始めました。

コーヒーにまろやかさが生まれる

我が家のバターは有塩です。だからまず塩の雑味がきますが、コーヒーがとてもまろやかに感じます。MCTオイルよりもココナツオイルよりもコーヒーに入れるなら、バターが好みです。

温泉のようなまろやかさ

例えるならば何かと考えたら、温泉を思い出しました。

私の中の記憶に残る名湯は2つです。
①十勝温泉
②伊豆の岩地温泉

どちらも足をお湯に足をつけた時から、そのお湯の柔らかさに驚きました。

お湯が柔らかいとは、まろやかさであり、優しさであり、お湯が丸みを帯びている感じです。肌にすっとなじみ、しっとりします。

まとめ

温泉のお湯の柔らかさとバターコーヒーのまろやかさは、似ていると思いました。バターコーヒーの中でジャブジャブしたら、お肌がシットリしそうですね。笑

ちなみに、バターコーヒーを、シリコンバレーでは完全無欠コーヒーと呼びます。

完全無欠コーヒーは「頭が冴える。冴え冴え!」と表現されていますが、私の場合には、頭が冴えると言う感覚はありません。目的は、あくまでもアブラの摂取です。

冷蔵庫のバターがなくなったら、グラスフェッドバターを試してみます。

 

The following two tabs change content below.
ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味のぴろりんこです。今後の目標は、ファシリテーターになり読書会を開くこと、コーチングのコーチになって豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。詳しいプロフィールはこちら