東京の宿泊料金高沸にも動じないビジネスホテルと言えば、東横イン!門前中町永代橋に泊まってみた

最近の東京のホテル内の高いことと言ったら!

春節と騒がれた2、3年前から徐々に上がりました。今では、山手線内でシングル1泊1万円切る宿はほぼありません。

急遽用事があり宿を取ることになりました。

探せど探せど1万円を切る宿はありません。仕方なく東横インを検索したところ、何とか部屋を取ることができたのが、隅田川に近い門前中町永代橋でした。

詳細

価格7668円
アクセス 地下鉄東西線門前中町駅から徒歩8分。

圧倒的に安いです。

加えて、東横インの良いところは、宿泊費が変動しないところです。価格が一定なので、いつ泊まっても安心です。

アメニティーその他

アメニティーは、歯ブラシ1本。シャンプー、リンス、ボディーシャンプーは備え付け。ドライヤーも壁にくっついているタイプ。

必要なものは、フロントに申し出ればもらえたり、貸してくれたりします。

 

居心地と寝心地

部屋はそっけないです。

ベッドのマットレスは固め。私がどこでも眠れるからかわかりませんが、朝まで爆睡でした。

宿泊先では睡眠の質を図りたいです。ところが、コンセントからベッドが離れていて、スリープサイクルが反応しませんでした。残念。

部屋の窓が大きくて、朝はとても明るく気持ちが良かったです。

まとめ

門前仲町の東横インは、駅から離れていて交通の便が良いとは言い難いです。

格安で抑えたい、場所は問わないなどであれば、どこへ行っても同じ内装、シンプルな価格設定で安定的です。地味ですが、◯パより、ずっと良心的です。私も、困ったときにはまた利用します。

10泊すると1泊無料になるサービスもあります。ほんと、すごくお得ですね。

The following two tabs change content below.
ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味のぴろりんこです。今後の目標は、ファシリテーターになり読書会を開くこと、コーチングのコーチになって豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。詳しいプロフィールはこちら