やろうと決めたら、なんだってできる。図書館で本を借りる。当たり前のことができるよろこび!

会社帰りに図書館で本を借りるって、当たり前のことだと思いませんか?

私はサービス業なので、そんなことができるわけがないと思っていました。

早番でも20時近く、遅番だと21時近くまで仕事をしていることが多いです。友人との約束は当然むずかしく、図書館で本を借りようと思ったことすらありませんでした。

変化は読書習慣とともにやってきた

本を生む機会が増えて、買ってばかりではお財布がたまらない!となって図書館で借りることを思いつきました。

そこで初めて、図書館の閉館時間を調べました。静岡の街中にある追手町図書館は、20時閉館だということがわかりました。

頑張ればいけるんじゃない?そう思ってからが早かったです。

自分の時間を少しでも確保したいと思い、残業を可能な限り減らしています。加えて、職場全体でも定時退社を推進しています。

願いは叶う

会社帰りに図書館へ寄りたいなんて、とても小さなことです。それでも、私にとっては、とてもワクワクするようなミッションです。

先日念願かなって、会社帰りに図書館へ寄れました!

願えば叶うの法則 具体的な行動計画を立てること

1. 借りる本を決めている。
2. 図書館へ行く日を決めている。
3. 予定をスケジュール帳に書いている。

借りる予定の本も決めていました。図書館にありそうな一般的なビジネス本、茂木さんの本です。借りる予定は5冊でした。ちゃんと無意識に5冊借りていました!

 

この方法は、先日フューチャーマッピングを作ることを手伝ってもらったファシリテーターのあゆさんに教えてもらいました。

* 「会社帰りで時間ないですよね。借りる本を決めておいた方がいいんじゃないですか?
* 「図書館はいつ行きますか?」

こう聞かれたら答えますよね。

もともと借りる本は、何が借りられそうかと考えていて、茂木さんの本と決めていました。質問されて、確かにそうです。時間がないのに迷っていたら、図書館閉まってしまいますね。

まとめ

小さなことでも、やりたいと思ったことは「どうやったら出来るようになるか」考える。具体的に行動計画を立てる。たったそれだけでも次の行動につながりますね。

次は何を借りようかしら?

 

「自分再起動」 自分が好きなことをやって生きたい!まずは小さな一歩を踏み出そう

The following two tabs change content below.
ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味のぴろりんこです。今後の目標は、ファシリテーターになり読書会を開くこと、コーチングのコーチになって豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。詳しいプロフィールはこちら