iPhoneでkindle(キンドル)の読み上げ機能を活用しています。

本を読みたいけど時間がない。だから仕方がない、と思っていませんか?
Kindle本は、忙しい、本を読む時間なんてないさ。と言う方の強い味方です。

iPhoneでの読み上げ機能の設定と、なぜkindleがおすすめなのかを紹介します。

iPhone読み上げ機能の設定

iPhoneでの読み上げ機能の設定は以下の通りです。

設定から入ります。
一般 → アクセシビリティ → スピーチ → 「選択項目の読み上げ」 → 「画面の読み上げ」をオン

以下が画像の流れです。


「設定」をタップ

 


「一般」を選択

 


「アクセシビリティ」を選択

 


「スピーチ」を選択

 


「選択機能の読み上げ」と「画面の読み上げ」をオンにする

 


読み上げ機能を有効にするには、画面上で上から指2本で下へスクロールする

スピードは、「かめ」と「うさぎ」で調整可能

 

設定さえ済ませておけば、必要な時に画面上で読み上げ機能を呼び出せます。

オーディオブックとKindle読み上げ機能の比較

次は、オーディオブックとKindle読み上げ機能を比較します。

【オーディオブック】
メリット
* 読み上げ中に他のアプリやアクションができる
* 読み間違えがない

デメリット
* 本と同等の値段(Amazonのオーディブルはもっとお得かな)
* ハイライト機能なし

【Kindle本をiPhone読み上げ機能で読む場合】
メリット
* 本より安く購入できる
* 読み上げでも、視覚で読むこともできる
* ハイライト機能あり

デメリット
* iPhone画面に紙面を表示させ続ける必要があり、バッテリーの消耗が早い
* 触ってしまい画面が変わると読み上げがストップする
* イラストや図が表示されると読み上げがストップする

※倍速機能はどちらにもあり

iPhone読み上げ 読み間違え語録
・前頭葉 まえがしらは
・100 いちぜろぜろ
・生き方 なまきほう

読み間違え、これはほんの一部です。なぜそのような?というくらい突拍子もない読み方をします。

なぜkindleがいいのか?

読み上げ機能は、元々は視覚障害者向けのサービスだと聞いています。

だからか、書けば書くほど本を読む機能としてはイマイチな点も多いです。なのになぜ、読み上げ機能を使うのか。

1番は、本を買っていると同じだからです。

電子書籍を購入しているから、黙読ができ、かつ読み上げ機能も利用できます。1粒で2度おいしいお得感♪

オーディオブックの場合は耳読のみで黙読できません。

加えて、kindleはハイライト機能があります。ここは大事!というところはマークすることができます。

電子書籍なのに本を読むときと同じことができるのです。

値段もkindleの方がお得です。アマゾンで手軽にお得に入手できることも、理由の1つですね。

まとめ

耳からは聞き漏らすことがあるのではないか?と心配される方もいらっしゃると思います。

顕在意識にしっかり残らなくても、理解が弱くても。

潜在意識に残ってくれればラッキーくらいのノリで聞いています。視覚から読んでも100%理解することはできませんからね。

いつでもどこでも本が読める便利さと、加えて読み上げも利用できてお得です。

kindle耳読は、通勤時や家事をしながら「ながら読書」ができるから、読書量が一気に増えます。

「時間がなくて本を読めない」と思っているあなた、ぜひ一度iPhoneでkindle読み上げをお試しあれ♪

Amazon 本

(2017年9月の記事を2018年12月に一部加筆しました)

 

12月14日イベント開催します「美味しいレバー料理と知識で貧血を改善しよう!」

疲れやすい、むくみやすい。怒りっぽい。
このような症状は貧血が原因かもしれません。
貧血を改善するレバー料理と血液検査データからわかる数値で、貧血の症状や改善をしましょう。

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら