お立ち寄りありがとうございます。ぴろりんこです。

弱い胃腸をどうにか立て直したく、梅干しで一日をスタートし始めました。

腸の動きが良くなったとか、ダイレクトに感じることはまだないなと思いつつ、最近胃が痛くなることは少なくなったなーと。

無理してダイレクトにタンパク質を摂取しなくなったことも関連があるのかわかりませんが、梅のパワーがすごくて無視できない存在です。

梅のパワー

(家庭でできる自然療法/東城百合子)
* 梅の実にはクエン酸が多くアミグダリンといってガンによいと騒がれるビタミンB 17を多く持っている。
* 毒消しや殺菌力が強く、細胞に活力を与え、カルシウムの吸収を助け、朝の有効菌を育てる。
* 血液浄化をして疲労回復をする。

毒消しをしてくれて腸の有効菌を育てる、疲労回復など、私が欲しい効果がしっかりあるのです。これを味方につけず、何を味方にするのかって話です。

必要なものは必要な時にやってくる

以前から梅が体に良い事は知っていました。一昨年は梅酒と梅ジャムを作ったほどです。

その頃は積極的に砂糖も摂っていましたし、酸っぱい梅が苦手でした。だから、梅酒や甘いジャムにしたのです。甘くしても梅は酸っぱいのですが。

でも、毎日飲むまでには至りませんでした。ジャムを作ったきっかけも、疲労回復だった気がします。その頃も今のように胃腸が整っていたわけでは無いのですが、「まだ大丈夫」と思っていたのですね。

今は体が「かなりやばい」と感じている感じています。だから象さんが動くし、必死で取り入れやすいものから試しています。

それと、情報も積極的に入れていた方がいいです。

その時は関心がなく意識に残らなくても、蓄積することで、そのあと何か引っ掛ける事ができます。多読、広くアンテナを立てておくことって大事ですね。

継続は力なり

ここでも「きっかけ→ルーチン→報酬」のサイクルが回っています。

とにかく報酬に手ごたえを感じることと、手軽であれば習慣化できます。胃腸の弱さも痛感していて、必死でもあります。

番茶が面倒な時は、お湯で薄めて飲んでいます。さらに手軽にしたことで、毎日ここからスタートする習慣がつきました。

最後に

梅干しは、できれば「梅としそと塩」だけの、混じりっけのないものをお勧めします。毎日食べるものだからこそ、訳のわからないものが入っているものは避けたいです。

私は梅干しは、農協がやっている「じまん市」というところで買っています。

裏を見て、何が入っているかも確認して見てください。スーパーに売られているものは、不思議なものが入っていますよ。

 

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら