iPhone読み上げ機能とオーディオブックのメリットデメリット デメリットを知り、Kindle本と読み上げ機能を活用しよう!

お立ち寄りありがとうございます。ぴろりんこです。

今日はKindle本のススメです。

本を読みたいけど時間がない。だから仕方がない、と思っていませんか?Kindle本は、忙しい、本を読む時間なんてないさ。と言う方の強い味方です。

オーディオブックとKindle読み上げ機能の比較

まずは、オーディオブックとKindle読み上げ機能を比較します。

【オーディオブック】
メリット
* 読み上げ中に他のアプリやアクションができる。
* 読み間違えがない。

デメリット
* 本と同等の値段。(Amazonのオーディブルはもっとお得かな)
* ハイライト機能なし。

【Kindle本をiPhone読み上げ機能で読む場合】
メリット
* 本より安く購入できる。
* 視覚で読むこともできる。
* ハイライト機能あり。

デメリット
* iPhone画面に紙面を表示させ続ける必要があり、バッテリーの消耗が早い。
* 画面が変わると読み上げがストップする。
* イラストや図が表示されると読み上げがストップする。

※倍速機能はどちらにもあります。

iPhone読み上げ 言い間違え語録

・前頭葉 まえがしらは
・100 いちぜろぜろ
・生き方 なまきほう

これはほんの一部です。なぜそのような?というくらい突拍子もない読み方をします。

読み替えも辞書登録できるようですが、登録しても読まない気がします。これはこれから学びます。

KindleをiPhoneの読み上げ機能で読ませた場合の具体的な不具合

常にiPhoneの画面に文章を表示させておく必要があります。表示さえさせていれば、勝手にページをめくってくれます。

文章の途中に図やイラストが入っている場合は、「読み上げする内容が見つかりません」と言う声とともに、読み上げがストップします。

こうした場合は、手動でページをめくり、読み上げ機能を再開させます。電話を受けた場合も同じです。一旦音声が中断するすると、手動で読み上げを再開させる必要があります。

メールを読みたい、LINEをしたいなど、他のことをする場合は、他のアプリを立ち上げます。すると、表示されていたページが読み終わり次第、読み上げは中断されます。

なのになぜ読み上げ機能を使うのか

読み上げ機能は、元々は視覚障害者向けのサービスだと聞いています。それにしても、書けば書くほど、デメリットが多いです。なのになぜ、読み上げ機能を使うのか。

1番は、本を買っているからです。

電子書籍を購入しているから、読み上げ機能も利用できて「お得」なのです。1粒で2度おいしい、みたいな。そしてハイライト機能も便利。

読むこともできるし、加えて聞くこともできるのです。アマゾンで手軽にお得に入手できることも理由の1つですね。

読み上げ機能は、上から指2本で下へスクロールします。これだけ!

まとめ

アマゾンでは、Kindle版の方がお得に売られています。

読み上げ機能を試したことがない方は、ぜひいちどKindle本で購入してみてください。

私は小説は本で読みたいタイプです。耳読は、もっぱらビジネス本でします。顕在意識にしっかり残らなくても、理解が弱くても。潜在意識に残ってくれればラッキーくらいのノリで聞いています。視覚から読んでも100%理解することはできませんからね。

いつでもどこでも本が読める便利さと、加えて読み上げも利用できてお得です。一度お試しあれ♪

 

新大久保 両班(やんばん) 豚肉×野菜×発酵食品 韓国料理は栄養バランスがいい!

お立ち寄りありがとうございます。ぴろりんこです。

朝食の韓国海苔巻きに気を良くして、帰りにカルサムギョプサムをいただきました。ボリューム満点で健康的!韓国料理、いいですね♪

“新大久保 両班(やんばん) 豚肉×野菜×発酵食品 韓国料理は栄養バランスがいい!” の続きを読む

「一流のリーダーほど、しゃべらない」 部下の話を聞くことが、最大のマネジメントだと気づこう

一流のリーダーほど、しゃべらない/櫻井一紀
すばる舎

お立ち寄りありがとうございます。ぴろりんこです。

コーチ型のマネジメントが部下のやる気を引き出します。部下への新しいアプローチ方法を手に入れませんか?
“「一流のリーダーほど、しゃべらない」 部下の話を聞くことが、最大のマネジメントだと気づこう” の続きを読む

立花Be・ブログ・ブランディング塾 中級第3講を受講 ブログが更新できないモヤモヤ 師匠からの回答は「僕はずっとモヤモヤしています」だった!

お立ち寄りありがとうございます。ぴろりんこです。

7月、8月の100記事投稿から、次の目的を描けずモヤモヤしていました。立花さんのB塾に参加して、モヤモヤしながら進めばいいことを学びました。

“立花Be・ブログ・ブランディング塾 中級第3講を受講 ブログが更新できないモヤモヤ 師匠からの回答は「僕はずっとモヤモヤしています」だった!” の続きを読む