お立ち寄りありがとうございます。ぴろりんこです。

なんとなく好みはわかっていて、似たようセーターを何枚も持っていたり、似たようなデザインの服ばかり買ったりしませんか?

なんとなく手を伸ばす好みのものたちを、なぜ好きか考えたことはありますか?

今回、その「なんとなく」を解き明かしてみました。

 

Casa BRUTUS「アジアのリゾート、日本の宿」より

きっかけは1冊の雑誌

カーサブルータスを眺めていて、ここだー!と思えるホテルがありました。

ラオスのルアンパバールにある「アゼライ ルアンパバーン」

私が一目惚れしたホテルを建てたのは、アマンリゾーツの創立者エイドリアン・ゼッカ氏です。伝説の人物として知られる人物で、今はアマンを離れています。

好き。好き。大好き。何がそうさせるんだろう?

まずは好きな点をピックアップ

好きな点
* 淡い色使い
* 白い壁、白すぎなく上質そうなベッドリネン
* シンプルで機能的そう
* 木枠の窓
* グリーンが上品に配置されている
* グレージュのソファ
* ゆったり過ごせそう
* やさしい照明
* シンメトリーは配置

ゼッカ氏曰く、ホテルのコンセプトは、「シンプル&エレガンス」 なるほど!これから好みを聞かれたら、シンプル&エレガンスと答えよう。

「好き」からわかった好みのインテリア
* 白い壁と柔らかい色の木目
* シンプルで機能的であること
* ペールトーンが好き
* 植物を取り入れる
* 照明は間接照明がいい

五感で例えてみよう

心地よさを感覚に置き換える
* 視覚 目に優しい、馴染む色合いが好き。優しい照明。植物の緑色。
* 触覚 柔らかなもの。肌触りのいいもの。

どこまでも優しい。視覚にも触り心地も優しいものが好き。

黒ベースのインテリアのホテルが苦手でした。それはそのはずですよね。黒とか赤とか、とんがり系は居心地悪く感じると思います。

例えば、寝室改善計画

今の寝室にシンプル&エレガンスを加えるなら
* チェストを淡い木目に買い換える(今のものはこげ茶で色が濃い)
* アクセントになるやさしい色合いの絵やオブジェ
* 金属質のものは少なく

部屋に金属のラックが置いてあるのですが、それ、気に障っていました。便利なんだけど、寝室には置かないほうがいいかも。

 


Casa BRUTUS「アジアのリゾート、日本の宿」より

シンプル&エレガンス

カジュアルでも、ナチュラルでもなく、シンプル&エレガンス。

キーワードがわかってスッキリ。言語化できるってうれしい。

じゃぁエレガンスとは?となりますね。

エレガントとは、「優雅。すっきりとして上品なこと」だそうです。すっきりはシンプルにもつながりますね。この辺りの目線で物を選んだら、インテリアもそれ以外も、統一感が出そうです。

アゼライ、好きすぎて、ググって眺めて旅を妄想。

ネットページでは何を開いてもBooking.comの「アゼライ ルアンパバーン」が表示されます。来年行きたいなー

 

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら