ロジカルクッキングに必要なタニタのキッチンスケール3kgを購入しました!

お鍋ごとキッチンスケールに乗せて計れるから、ロジカル味付けが楽チンになりました。

味付けもロジカルにできるようになって手間いらず。ますますロジカル家事にはまっています。

ロジカルな味付けとは

勝間和代さん推奨のロジカル家事。

ロジカル家事とは、思考は最小限に、効果は最大限にするもので、効率よく家事を行えます。

頼れるところは積極的に機械にも頼り、考えなくてもできる習慣化で、しっかり家事をして手間を省きます。

では、ロジカルな味付けとは。

調味料をしっかりとキッチンスケールで計ります

目分量はいけません

味見して、「足そうか?足すまいか?」と悩む時点で余計な思考を使います。ロジカルな味付けは考えずに味付けができ、かつ美味しさが一定になることです。

ロジカルな味付けの目安

ロジカルクッキングの調味料は、塩と醤油、お味噌しか使いません。

・塩 全体量の0.7%(0.6%でも可)
・しょうゆと味噌 全体量の4%

豚丼の場合

全体量が700gだとすると。
・700g×4%(しょうゆ)=28g

28gの醤油を具材に混ぜます。

タニタの3kgキッチンスケール 機能

タニタの3kgキッチンスケールの機能は以下の通りです。

  • 計量範囲 0〜3kg
  • 最小表示 1g(微量モードの場合0.1g)

タニタの3kgキッチンスケール 微量モード

具材を計量した後は、ゼロリセットして調味料を計ります。

調味料を計量する際に活躍するのが、0.1g単位まで計れる微量モードです。

調味料の中でも塩は0.1g単位まで計りたい。

塩の場合、5gなのか5.8gなのかは結構違います。だから調味料を計る時は、微量計量で0.1g単位まで計っています。

タニタの3kgキッチンスケールのメリット

今まで持っていたキッチンスケールは1kg用でした。

象印の煮込み自慢(IH鍋)のお鍋は900g以上あります。

そのため、お鍋を乗せた時点でエラーで計れませんでした。具材を図る度にボールに入れ、計量後入れ替えていて面倒でした。

3kg用は、お鍋を乗せてスイッチオンすると鍋の重さがリセット(メモリがゼロになる)されます。

スープの場合は、具と水を足したても1キロ強の重さなので、3kg計れるキッチンスケールはエラーになりません。頼もしい!

3kgを手に入れてから、積極的にキッチンスケールを活用するようになりました。

ちょっとした手間がボトルネックになりますから、手間がかからないって大事です。

閉鎖式調理器具のボトルネックは味付け

我が家には、以前から圧力鍋がありました。

圧力鍋で煮物をするのが苦手でした。

なぜ苦手だったかというと、加熱する前に味付けを決めておかなければいけないからです。

具材から出る水分まで考えると、ピタリと決まる味付けに自信が持てませんでした。

肉じゃがが煮上がったのに味が決まらなかった場合が最悪です。

さらに味付けして加熱したら、ジャガイモが崩れます。それが嫌だった。だから私は圧力鍋で煮物をするのを嫌ったのだと、今思い出しました。

全体量の◯%だったら、タニタの3kgキッチンスケールさえあれば、考えずに測れます。

勝間さんの調味方法を覚えてから、閉鎖式調理器具、いわゆるホットクックや象印のIH鍋の調理が好きになりました。

まとめ

タニタの3kgキッチンスケールは、約3千円します。本はせっせと買うのに、キッチンスケールは1kgのものがあるからと購入を渋っていました。

今言えることは、渋っているだけの時間が無駄です。

道具を活用することで、こんなに家事が便利になるかと驚きますよ!

空いた時間で生産性を上げるとまでは行きませんが、空いた時間でせっせとブログを書いています。笑

そして、以前より少ない労力であれこれ作っています。

常備菜作りも、お弁当作りも、今やIH鍋やヘルシオ、3kgスケールなしには考えられません。健康志向の方にも、ロジカルクッキングはおすすめです!

合わせて読みたい

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら