勝間和代さんがYouTubeで紹介している、ホットクックで作るビーフシチューを紹介します。

牛肉って癖がありますよね。だからルーを入れないシチューがおいしいのか?正直疑問でした。

しかし、ルーを入れないのに超絶おいしいのです。

これを食べたら、もう他は食べられないなぁと言う感じです。

早速紹介します。

ホットクックでビーフシチュー 材料

  • 牛肉 300グラム
  • トマト 大2個
  • 玉ねぎ 小2個
  • じゃがいも 小2個
  • にんじん 大1本
  • マッシュルーム 1パック
  • オリーブオイル 大さじ1から2
  • 塩 全体量の0.6%

牛肉300グラムは物足りなかったです。

おまけにグラムで選んだので焼肉用、お肉がペラペラでした。

ビーフシチュー用や赤身肉などを、500グラムほどゴロッと入れることをおすすめします。

輸入肉でも味があって、充分おいしかったです。

ホットクックでビーフシチュー 作り方

  1. 野菜を切る 玉ねぎとトマトはくし切り、じゃがいもはざっくりと、にんじんは輪切りマッシュルームは半分に切る
  2. ホットクックの内なべに食材を入れる
  3. キッチンスケールで全体量を計り、全体量の0.6%の塩を投入し、オリーブオイルを全体に回しかける
  4. まぜ技ユニットをセットしメニューを選択 自動→カレー・スープ選択→4を選択→スタート
  5. 出来上がり


内なべに食材を入れて全体量を計るの図

(ホットクックKN-HT24B使用)

ホットクックでビーフシチュー 食材すべてが調味料

ビーフシチューの割にお肉をケチったことで迫力に欠けましたが、味はとにかく絶品です。

名店と言われるお店のビーフシチューはもちろんおいしいです。

しかし、ルーを入れない素材だけのビーフシチュー、これもものすごくおいしいです!

むしろルーなんていらない、そんな気分。

トマトの酸味と玉ねぎの甘み、牛肉から良いダシが出ていて、ずっと食べ続けたくなる味です。

じゃがいももかろうじて形が残っていました。

牛肉はほろっとするくらい柔らかい。だから、じゃがいもはドロドロに溶けると思っていましたが、そうでもありませんでした。

お肉料理なのにくどさがなくて、私はルーを入れない方が好きです。

このレシピを紹介してくれた勝間和代さんに感謝です!

予約機能を活用して出来立てを食べよう

今回は、朝仕込いました。だから、帰宅後すぐに食べることができました。

暑い日でもホットクックは予約が可能です。最初に加熱をして、腐敗しない温度で保っているのです。

だから真夏でも腐敗の心配はありません。

予約をする場合は「カレー・スープ→4選択→予約→時間設定→スタート」です。

忙しい朝に仕込みのひと手間はかかりますが、帰宅後すぐに温かな出来立てシチューが食べられるってしあわせです。

まとめ

ホットクックで作るビーフシチューは野菜を刻んで具材をお鍋に投入しスイッチを押すだけです。

それなのに、こんなにおいしいビーフシチューができるんだなぁと驚いています。

ルーが少し残ってしまったとか、味見の必要がない点も助かります。

鉄分が豊富な牛肉のレパートリーが増えてうれしいです。ぜひお試しください♪

 

ホットクックで作るタンパク質の煮込みの紹介はこちら

 

12月14日イベント開催します「美味しいレバー料理と知識で貧血を改善しよう!」

疲れやすい、むくみやすい。怒りっぽい。
このような症状は貧血が原因かもしれません。
貧血を改善するレバー料理と血液検査データからわかる数値で、貧血の症状や改善をしましょう。

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら