初・胃カメラ 胃の炎症、ポリープを初めてみた!

お立ち寄りありがとうございます。ぴろりんこです。

今は落ち着いていますが、8月初めに胃の不調が続いており、胃カメラ検査しました。

胃の炎症やポリープを実際に見ることができて、へー、ほーと関心しつつ、自覚症状があるときは、それなりに傷んでいることがわかりました。

胃カメラ検査の結果見つかったもの

* ポリープ
* 脂溶性のできもの
* 胃の入り口に炎症、打撲のような赤くただれた感じの粘膜

本来、粘膜は皮膚と同じ肌色をしています。私の胃の粘膜は、内出血のように赤く血走っている跡がありました。普段目にすることはありませんが、皮膚とまったく同じなのですね。

胃カメラ初体験

カメラは鼻から入れました。

先生曰く、「口から入れていた頃に比べたら数段楽」らしい。

楽かもしれないけど、知らないうちに涙がでていました。痛いといえば痛いし、気になり始めたらもう、取ってしまいたい衝動にかられます。

「リラックスしてね」と言われていました。だから、カメラが入っている間は、呼吸を整えることだけに専念しました。

検査の間中、看護師さんが背中をさすってくれていて、それがとても気が紛れました。感謝です。

定期的な検査は必要

「脂溶性のできものが気になる」とのことで、半年後にもう一度検査をすることになりました。また胃カメラかと思うと憂鬱です。

ピロリ菌の検査結果は次回です。

体のメンテナンスって、大事ですが面倒ですね。

会社の健康診断は最低ラインコースらしく、胃カメラは含まれていないんですよね。これからは有料でつけようかな。一度で済んだら一番楽です。

胃カメラ初体験は、人並みの経験と健康を考えるきっかけになりました。

 

The following two tabs change content below.
ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味のぴろりんこです。今後の目標は、ファシリテーターになり読書会を開くこと、コーチングのコーチになって豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。詳しいプロフィールはこちら