お立ち寄りありがとうございます。ぴろりんこです。

本が好き。大好き!

池袋にある「泊まれる本屋」がコンセプトのBOOK AND BED TOKYOに宿泊しました。

BOOK AND BED IS「泊まれる本屋」

読書をしていたらいつの間にか夜中2時になってて、もうあとちょっとだけって、まぶたが重くてたまんない中も読み続けて、いつの間にか寝てしまった。

そんな「寝る瞬間」に至福の体験を用意してくれるホステルを、本をテーマに自分たちで作る事にしました。

HPの文章がかっこいい。

カプセルホテルがおしゃれになって、居心地よくなって、おしゃれな本がたくさんあって、パブリックスペースが素敵です。

 

最大の魅力はロビースペース

フォトジェニックなロビースペースは、居心地もいいのです。

適度な間隔で隣の人との距離が保ってます。パブリックスペースなのにのびのび転がってもいいのです。寝転がって本を読んだり、iPhoneをいじったり。

家よりも広く、居心地の良い空間でのんびりできます。好きなだけ好きなことができる幸せを謳歌できます!

私はパブリックスペースでくつろぐのが好きでした。

宿泊した日は満室だったよう。それでもロビースペースはゆったりしていました。籠りたい方もいるんでしょうね。

好きな形でくつろげるのが、こちらのホテルの強みです。

 

ここからは具体的な設備などです。

”泊まれる本屋” のプライベート空間

☆宿泊は2種類
・本の中で眠る「BOOKSHELF」
・”泊まれる本屋”を体験できる「BUNK」

☆空間の広さも2種類
・STANDARD
・COMPACT

私が泊まったのは、BUNKのSTANDARD。少し落ち着いて泊まれる本屋を楽しむ空間です。

 

☆部屋の備品
・ブックライト
・プライベートカーテン
・ハンガー
・コンセント
・フリーWi-Fi

宿泊前の疑問点

・駅からは近いの?
・貴重品はどこで保管するの?
・男性女性の区別はあるの?
・飲食はできるの?
・眠れるかしら?

 

☆駅からは近いの?

池袋C8出口右手のビル。夜遅くても地下道出口からすぐ!安心、安全です。

 

☆貴重品はどこで保管するの?

STANDARDにはロッカーのような貴重品入れがあります。お金も使わないから、滞在中はお財布と荷物はロッカーに入れておきました。

COMPACTの場合は、共有スペースに無料で借りられる貴重品ロッカーがあります。(数に限りあり)

 

☆男女の区別 トイレとシャワールーム

トイレとシャワールームは、男性用、女性用、男女混合がありました。なんとなく女性用WOMENを選んでしまいます。

洗面台もズラリとならんで、知らない人と混合で使います。ドライヤーは夜24時まで使用可能です。

シャワールームには、シャンプーの類はありません。購入するか、持参する必要があります。購入もできます。(タオルレンタル含めて500円)

 

☆飲食について

ベッドでは食事は禁止です。

パブリックスペースは飲食が可能。バリューミューダのトースター、電子レンジ、コーヒーメーカーがありました。器も陶器が用意されています。

 

☆眠りについて

個室はありません。カーテン1枚がプライベートとの境目です。当然、スリッパの音や動く音、目覚ましの音など様々な音がします。

眠りを確保したい場合には、こちらのホテルはおすすめしません。耳栓はもらえます。

まとめ

ビジュアル系の本が多いです。好みは分かれますね。

「私はこれ」とこだわりがあれば読む本を持っていってもいいし、好奇心旺盛な方は、流されるまま読むこともお勧めです。私は好奇心旺盛タイプ、小説やエッセイを読みました。

本と戯れる、遊びに行くつもりで行けば、かなり楽しい!

内省タイプの方、静かに過ごす遊びが好きな方や、終電に乗り遅れたけど、きれいな所で過ごしたい方などにオススメです。

日によって宿泊料が変動します。宿泊する日を選んでお得に泊まってください!

BOOK AND BED TOKYO

 

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら