「朝がつらい」がなくなる本/梶村尚史
三笠書房

 

「睡眠は十分足りている」と言い切れる人はどのくらいいるのでしょうか。

私は、子供の頃から朝が苦手。「目覚めはこの世の終わり」と言ったら大げさだけど、朝が来るたびに起きることの葛藤が毎朝くり返されています。

だから、睡眠が足りていようとなかろうと、「スッキリ目覚められるようになりたい」と、ずっとずっと思っています。

どうしたらスッキリ目覚められるようになるのか?そんな素朴な疑問から、手に取ったのがこの本です。

睡眠の重要性に気づいていますか?

睡眠は、生きて行く上で必要なもの。脳と体を休めるもの。日中の活動のパフォーマンスを高めるためにも、必要な睡眠時間を確保したいものです。

「朝起きられない、目覚めが悪い」という悩みを深掘りしてみて、「良質な睡眠をとりたい」という深い願望が見えてきました。

朝に弱い人の10の共通点

(本からの抜粋)
「朝に弱い人の10の共通点」
1. 睡眠不足型・・・とにかく「睡眠時間が足りない」ために起きられない人
2. 悪い生活習慣型・・・午前中「頭がぼんやりしてしまう」人
3. 体内時計故障型・・・生活リズムが乱れ、なかなか寝付けない人
4. 緊張型 ・・・「夜中に何度も目が覚める」人
5. 現実逃避型・・・目は覚めるが「布団から起き上がれない」人
6. 抑うつ型・・・「すぐtにまた布団にもぐり込んでしまう」人
7. 窒息型・・・「睡眠時無呼吸症候群」で起きると身体が疲れている人
8. 寝過ぎ型・・・「寝過ぎ」が原因で目覚めが悪い人
9. 女性ホルモン型・・・「女性ホルモンの変動」で寝坊をしてしまう人
10. 昼間も眠い型・・・昼間に「突然眠気が襲ってくる」人

私がこの中から原因を特定するとしたら、1の「睡眠不足型」です。

悩みからすると、「布団から起き上がれない」が近い。けれども現実から逃げたいと思ってはいないから、5.「現実逃避型」ではなさそうです。

早起きへの憧れ

朝が弱い私にって、「朝スッキリ目が覚めて活動的」という人に憧れです。人生を2倍得しているような、そんな憧れを持っています。

6時に起きれば十分なのに、目覚ましを5時半にしてみたり、無駄に早起きに近づく努力をしていました。今文字入力していても、「ホントに無駄に」と思います。笑

 

本から学んだこと

「はじめに」、「睡眠のリズムを一定にする」ことで、毎日を爽快な目覚めでスタートできるようになる。」と書かれています。

睡眠のマイルール 「24時就寝、起床は6時」

マイルールを決めたことから、早出の予定がない限り目覚ましは6時セットです。

実際には、マイルールすら守れていないことは、Fitbitのログからわかっています。まずはここを整えることです。そして、7時間睡眠へ持っていくことを次のステップとしました。

 

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら