サピエンス全史(上)/ユヴァル・ノア・ハラリ 柴田裕之 訳
河出書房新社

静岡にもリードフォーアクションのファシリテーターがいらっしゃいました。タイミングが合ったのでさっそく参加してきました。

(上)を読んでの感想は、人類の歴史というか、文化的進化の歴史と感じました。

虚構って何?

「虚」とは偽りというイメージですよ。いやいや、他にも意味があります。

「虚構」とは…
* 事実ではないことを事実らしくつくりあげること。つくりごと。
* 文芸作品などで、作者の想像力によって、人物・出来事・場面などを現実であるかのように組み立てること。フィクション。仮構。

歴史は虚構から生まれた

作り上げられた世界。

そう、勇気ある人たち・権力に魅せられた人たち、進化したい先人たちが作り上げた虚構が歴史だったのだ!と気づいたのでした。

アプローチは「虚構」の理解から

ファシリテーターの有澤さんのアプローチが、「虚構」を理解するところから始まりました。これがあったから理解が進んだんです。これなくして、サピエンス全史の入り口にも立てなかったかも。

11のパートを4人で分担して読み解きました。読み解けたのかな?ストーリーになりましたね。

話題の本だと知っていましたが、一人で読み解く自信がなかったので買うに至らずでした。読書会をきっかけに、新しいジャンルが開拓できました。参加してよかった♪

行動につながる読書会のスモールステップ

リードフォーアクションの読書会は、質問に始まり行動で終わります。

* この本から得たいことは何?
* 得たことから、どんな行動を起こしますか?

私のスモールステップは、サピエンス全史(下)を購入することでした。他の買い物は忘れてしまったけれど、(下)はしっかり購入してきました。まずは自分で読み解いてみましょうか。

そして、私もファシリテーターとしてのアクションを起こさねば!

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら