この本に興味を持ったのは、○キロ痩せるではなく「痩せて永遠キープする」と言う言葉に惹かれたからです。

永遠キープって?興味がわきますよね。

読んでわかったこと。

この本は食事方法や運動を推奨するものではありません。

自分の現状把握をして、目的やなりたいイメージをしっかり見つめ、アクションプランを立てて、PD CAを無理なく回して習慣化する方法が書かれています。やり方ではなくあり方でした。

紹介します。

著者が新たなダイエット方法に出会ったきっかけ

食事をコントロールして運動すれば痩せることはわかっているが、痩せられない。やせられないのは、続かないのはどうしてなんだろう。

長年ダイエットにチャレンジしてきて一時的に効果が出ても続かない。そのような状況の中で、著者は疑問を持ちました。

それをきっかけに心理学者の海保先生を訪ねるところから始まります。

やせる法則とは

心理学者の海保先生曰く

「ダイエットって生活の1部だから、とりあえず続ければいいんだよ。大げさな精神力なんていらないよ。習慣付けすることが大事。まずは習慣を変えてみよう」

太った原因は生活習慣に原因があるんだ。それを改善すればいい。

そういえば、中年の人がお腹周りに脂肪がついてくること、太ってくることを生活習慣習慣病と言いますね。

若いうちは何を食べても、どんなにひどい生活をしても適度に現状維持されます。

しかし、長年培ってきた日々の若干のカロリーオーバーが積み重なって40,50代になると体型に現れるようになります。

ダイエットとは、悪しき習慣を良い習慣に変えることなのですね!

現状を把握

著者はこれまでの食生活を振り返り分析してみました。すると太った原因は「ご飯」によるところが大きいと気づいたのでした。

食べたものを書き出してみると、たいして食べていないと思っていても実際には毎日がカロリーオーバーだと気づくこともできました。頭の中でうっすらわかっていたことを文字にして外に出すことで、意識や視点が変わる。

「痩せたい読者はぜひ書いてみて!」

実際に書かなければ絶対に実感できないそうです。

なりたいイメージを描く

・なりたい自分
・目標体重の目安
・続けられる食習慣

この3つを矛盾なくすり合わせることが永遠キープダイエットの鉄則です。

習慣化のポイント

・なるべく長い時間をかけてゆっくり痩せる
・ダイエットをしていることを忘れるくらいの感覚になることが大切

大切なのは 、 「習慣化できるかどうか 」

「一生続けられるかどうか 」だから 、生活のなかに無理なく取り入れられるものがいいだろうね 。 「毎日 1 0キロジョギング 」なんてほとんどの人は続かないでしょう 。そういう無理なことじゃなくて 、できるだけ長く続けられそうなことがポイント 。

なりたい姿にはできるだけ短期間でなりたいというのが心理です。

なのですが、大切なのは習慣化。

そのためには急激に痩せてしまうよりも、ゆっくり痩せる、痩せ癖を習慣化させるのがポイントなのですね。

また、急激に痩せたのはいいけれど、もともとの食べ癖のある習慣が残っているので、元に戻りたいと現状維持バイアスが働くそうです。

習慣、恐るべしです。

その他のポイント

◎食べたい自分を受け入れる

食べるのことが好きなのに食べないと言うのは自己否定をしていると同じこと。

だから食べる「食べる」ことを受け入れて「ゆっくり食べる」や「食事を吟味する」などのプランを立てるのが良いそうです。なるほどなるほど。

◎自分に合った行動計画も大事

著者は、毎日体重を計り気を得する、カロリー計算をする、20回以上噛むなど、12項目のアクションプランを立てました。

そのうち継続しているのは毎日体重を測り記録することとエクササイズDVDで運動をすることだそうです。

できないことにとらわれず、できることを継続していくことも大事ですね。

痩せたことのメリット

目標体重をクリアした著者は、身の回りにいいことばかりが起きるような気がしていたそうです。丁寧な接客を垂れ子されたり、仕事を紹介してもらうことも増えたように感じたそうです。

先生曰く、これは、著者の内面が変わったと言うこと。ポジティブになったと言うのです。

コンプレックスが解消できると自信を持ってるようになる。やせて変わるのは他人の心ではなく自分の心なのですね!

まとめ

自分を否定せず受け入れながら、自分ができる範囲で小さな行動を積み上げて時間をかけてダイエットをする。

それがひいては習慣となって、なりたい自分になれます。

ダイエットというと短期間で効果を出すことに注目されがちです。

しかし、体重が増加は1日で10キロ太ったわけではありません。長い時間をかけて少しずつカロリーオーバーが積み重なった結果なのです。

だから、しっかりと自分と向き合い、悪しき習慣を良い習慣に変えていくというこの本の提案は絶対にありです。

心理学者の海保先生と著者の会話調のやり取りや、読者が行動することを章ごとに具体的にまとめてあったり、読みやすいしわかりやすいです。

Kindleで無料で読めます。興味のある方はぜひお試しを!痩せたい方は読んだだけで終わらずに何か1つでも試してみてください。

合わせて読みたい

12月14日イベント開催します「美味しいレバー料理と知識で貧血を改善しよう!」

疲れやすい、むくみやすい。怒りっぽい。
このような症状は貧血が原因かもしれません。
貧血を改善するレバー料理と血液検査データからわかる数値で、貧血の症状や改善をしましょう。

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら