私の今年のテーマは「打席に立つ」
要は、行動を起こす。それもアウトプットの行動です。

アウトプットの行動って、勇気がいります。大丈夫、信じていれば行動できるし結果にも責任が持てるよ。この本から、そんな勇気をもらいました。

著者はどんな人?

裏書きより
著者山口絵理子さんは、「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という理念を掲げ株式会社マザーハウスを設立。バングラデシュ、ネパール、インドネシアの自社工場・工房でジュード(麻)やレザーのバッグ、ストールやジュエリーなどのデザイン・生産を行なっている。

援助について考え学びながら、安価な商品が大量生産される現場で、「どうして安くなきゃいけないの。もっといいものつくれるんじゃない?」と素朴な疑問を持ち、それをそのまま行動に移した方です。

著者の強み、私はこう考える。

ナポレオン・ヒルの著書「思考は実現化する」に、「富はまず思考から始まる」という言葉があります。山口絵理子さんは「富」を目指したわけではいのですが、価値を見出す力があると感じました。

* すごく恵まれている日本人の私なんだから、せめてやりたいことをやろう。
* 大量生産→大量生産じゃなきゃいけないの。もっといいもの作れる。

逆転の発想ができて、付加価値を見つけられる人。マザーハウスのバッグも、フラットな目線で価値を見出されているんですよね。

自分思考って?

本への問いは、「自分思考ってなに?」でした。

私が受け取った答えは、自分思考は「ぶれない軸がある」こと。「ぶれない軸があるから、自分の選択に責任を持てる」し、「想いは伝わる」のです。たくましさ、そんな言葉も感じました。

思いの方向も強さも人それぞれなのですが、どんな小さな選択も信じて進んでいいんだよ、そんなメッセージを受け取りました。

夢は雲だった。

目標を達成していたことに気づいた著者が表現した言葉です。

わかる。この言葉、とてもよくわかる。

届いたと思ったらすり抜けていく。それは雲がすり抜けるようで、自分がすり抜けてもいるのです。不思議な感覚ですよね。

その上に、青空が広がっているし、隣にまた雲がある。下手でもなんでも、まずは行動しよう♪

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら