私は、日常生活で移動含めて1日約10,000歩歩けています。だから、「私は歩けている」と思っていました。

運動として歩くということ

ところが、整体の先生曰く「ウォーキング」とは、両腕を適度に大きく振って歩くことだそうです。できれば手ぶらが好ましい。

だから、肩や手にバッグを下げて歩いているのは、運動にはなっていないのです。

腕を振ることも習慣がないとできない

歩くことは得意です。習慣になっています。

ところが、腕を振っているのか?

いやいや、腕を振って歩きたーい!思っていたのに、普通に歩くとまったく振っていません。

習慣化できている人は普段からできている

B塾でご一緒したしげっちさんは、朝のお散歩を日課にされています。

リュックを背負い、移動の時から腕を大きく振っていたのです!

なるほどぉぉぉ!習慣になっていると、いつでも手を振れるのですね!

さぁ、腕を振って歩こう!

静かな場所で歩く時は、ブログのネタ作りに音声入力をしています。手にiPhoneを持っておたら、腕を大きく振るなんてできないじやないか。バカー

ということで、音声入力はやめました。耳読しながら大きく腕を振って歩いてみました。

慣れないことをしているせいもあり、意識をしないと、知らないうちに腕を振らなくなってしまいます。

両腕を振って歩くことだけに集中する。これってマインドフルだよねぇと、なぜか感激しました。

今、ここだけに集中する。朝の散歩は集中力を高めるためにもオススメです。

 

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら