お立ち寄りありがとうございます。ぴろりんこです。

紅茶は幼少から身近な存在で、コーヒーは近年のフィーバーで好んで飲むようになりました。

コンビニで100円で買えるんですもんね。買っちゃうよね。気づいたら、よく買っていたし飲んでいました。すっかり依存していて、それが原因で眠れなくなっているかもしれないことに気づきました。その理由をお伝えします。

カフェイン依存していました

実は、休日はベッドに入っても眠れないことが多いです。動いていない、疲労が少ないから眠れないんだわと思っていました。

しかし、ある時ふと気付きました。

休日に飲むカフェインの量が多いってことを!

午前中に紅茶を2杯、午後のコーヒー、夜もコーヒー、みたいな。実は仕事の日より圧倒的に多い量のカフェインを摂っていました。

知識の積み重ねでゾウさんが動いた

私は、カフェインを摂っても眠れます。夜だってへっちゃらでコーヒー飲めます。だからカフェインへの意識が低かった。

カフェインで眠れなくなるなんて、これっぽっちも考えていなかったから、眠れない理由がカフェインかもしれないなんて、露にも思っていなかったのです。

なぜ気づいたかというと、分子栄養学の講座を見ていた時です。

小池先生が、「眠気覚ましにコーヒーを飲んで、眠れないからと睡眠薬を飲むのは本末転倒。コーヒーやめませんか」とバッサリおっしゃっていたのです。ふむふむと聞いていたのですが。

やっと、休日のカフェインの量の多さに気づきました。そして、朝の紅茶はやめていませんが、午後の紅茶、コーヒーは控えています。

 

まとめ

眠りの質に影響が出ている可能性もあります。日本人の胃袋にはコーヒーは刺激が多いとも言いますね。

眠れないと思ったら、カフェインの量を確認して見てください。

ちなみに、カフェインレスの飲み物は、大好きな爽健美茶!ハーブティ、麦茶にコーン茶。

カフェインレスだからといって、甘味料入りのものは控えましょう。

 

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら