鶏ハム作りにチャレンジしました。

以前、山梨のお蕎麦屋さんでいただいた鶏ハムがおいしくて、忘れられずにいました。

鶏ハムのしっとりは低温調理でできることと知り、作ってみたいと思っていたものの、低温調理器具はないし、チャレンジのハードルが高そうで月日は過ぎました。

我が家の朝食は洋食です。毎朝ソーセージやベーコンなどを少量食べています。加工品は添加物が多いです。もう少し健康的なものに変えられないかなと思っていました。

あちらこちらで鶏ハムを目にするようになり、作りたい熱が沸騰!

炊飯器で作る鶏ハムに挑戦!

そこで、炊飯器で作る鶏ハムにチャレンジしました。

ちょうど鶏の胸肉を塩にしたものがあったので、それを開いてクレイジーソルトをまぶし、ラップでちょちょっと巻いて炊飯器に入れました。

 

失敗の始まりは温度

沸騰したお湯を使うと作り方には書いてありましたが、熱湯をかけるのはどうかと思い少しお水で温度を下げました。

放置すること1時間半。まだ鶏肉がピンク色でした。鶏肉は70度まで加熱しないと菌が残るそうです。

お腹は壊したくない。急いで温度計を買いに行きました。測ったところ60度です。

再度お湯を出しましたが、なかなか70度以上になりませんでした。最初からやり直すのもどうか…

鶏肉は安全をとるべし

最終的には電子レンジで1分加熱してしまいました。残念。

翌朝いただきました。悪くはないけれど、本来はもっとしっとりしているのでは?と思いました。

まとめ

学んだことは2つです。
1. 自己流はダメ。レシピ通りにやってみる。
2. 温度計は大事。見える化で安心しよう。

次回はレシピ通りに沸騰したお湯を使い、1時間半炊飯器で保温してみます。自分で作る「納得の鶏ハム」づくりの道は続きます♪

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら