ロジカルとは、「論理的であるさま」というです。※goo辞書より

では、ロジカル・クッキングとは?

論理に基づいた作り方で、誰が作っても同じ仕上がりになること、ですかね。サツマイモの甘みを引き出す温度は70度とか、鶏ハムの加熱も菌が死ぬ70度が最適とか。温度と時間と材料が正確だったら、誰でも再現できます。

加えて、ガスを使わないと日のそばに、付きっきりにならなくていいのです。機械に任せている間は他のことができます。

今夜のメニューはカレー

出かける用事があったので、ロジカルクッキング風にカレーを準備しました。

調理器具について
* 電子レンジは解凍モード(300ワットではないか?)を使用
* 材料の加熱は電子レンジ、だしの加熱と70度加熱は象印のIH鍋を使用。

ロジカル風クッキング スタート!

1. 玉ねぎ(薄切り)を約15分加熱。
2. じゃがいも、にんじん、大根も電子レンジで加熱。じゃがいもにんじんは5分。大根はその後10分加熱。
3. 鶏肉は切れたものを購入。5分× 2で加熱。
4. 加熱仕上がった順に70度に温めただし汁(昆布だし)にじゃんじゃん放り込む。
5. そのまま70度で5時間加熱。(その間は外出)
6. 帰宅後カレールーを入れ100度で2分加熱。

 

味のポイントはまろやかさ

出来上がりの味は、なんというか、まろやか。

鍋に具材を入れた時、しめじの匂いが強烈にしていました。これは失敗?とおもったのですが、仕上がりは素材の味はもちろんあるけれど、全体が一つにまとまっていて、とても優しい味でした。
(参考)おいしさの秘密 〜温度〜

何よりも、スープがとても澄んでいました!これが低温調理の良いところなんでしょうね。

大根と鶏肉ってカレーで合うかな?豚肉の方が良いのではないか?作る前は心配ばかりしていましたが、鶏肉でもとてもおいしくできました。

より安定的なロジカル・クッキングを目指すには

今回は加熱を3回にわけて行いました。入れ替え等々で多少時間がかかりました。何度かもわからないので、5分ごとに様子を見ながら加熱もしました。

ヘルシオにした場合には、野菜とお肉は同時加熱できるんですよね。それはとても便利だろうと思います。

なぜ「ロジカル・クッキング風」なのかというと、ベストな加熱時間や温度がわかっていないからです。電子レンジの温度設定は「弱・中・強」という曖昧表示。「これでいく」というところまで、加熱時間が確定していません。

 

まとめ

また作るか?と聞かれたら、はい!また作ります。なぜなら、素材そのものがおいしいし、火加減を気にしなくって良く、簡単だからです!

素材を加熱している間に、朝食を作り食べ、片付けをしていました。加えて、片付けの合間にガラポンTVでテレビも観ていました。一度に3つのことができるって、すごくないですか?笑

朝から段取りよく夕食の支度ができたことをで、1日がとても充実していました。レパートリーも広げていきます!

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら