• とうもろこしを低温調理する場合、何度で何分がいいの?
  • 普通に蒸すのと低温調理の違いを知りたい!

あなたの「知りたい」に答えます。

ヘルシオの低温調理のソフト蒸しと、普通の蒸しを試してみました。

すごく違う!というほどの差は感じませんが。

低温調理のとうもろこし蒸しの方が雑味のない甘さで、シャキッと感が残る蒸しあがりで美味しかったです。

  • ヘルシオでとうもろこし 低温調理と普通蒸しの蒸し方と比較
  • 食べ比べた感想

上記2点を紹介します。

低温調理で蒸した場合と普通に蒸した場合の違いがお分かりいただけたらうれしいです。

ぴろりんこ
分子栄養学カウンセラーのぴろりんこ(@piro25_com)です。このサイトでは、主に調理家電で作る貧血予防・タンパク質摂取アップのレシピと、旅の記録を発信しています。

ヘルシオでとうもろこし 低温調理と普通蒸し方と比較

ヘルシオでとうもろこしを蒸しました。

ヘルシオの低温調理で蒸すとうもろこし美味しいと聞きます。

低温調理と普通に蒸したとうもろこしはどのように違うのか知りたくなり、比較してみました。

低温の蒸し方

低温調理の温度と時間を紹介します。

  • 温度:80℃
  • 時間:30分

低温調理器具のBONIQさんのサイトを参考にしました。

 

蒸しあがりの粒がパンパンになった感じはなく。

蒸しあがりの見た目は、蒸す前と色の鮮やかさ以外は変わりがありません。

80℃で蒸すので、湯気がもくもく!という状態もなく、静かな蒸しあがりでした。

普通に蒸したとうもろこし

普通蒸しのとうもろこしの蒸し方を紹介します。

  • コース:蒸し物コース
  • 時間:14分

時間は低温調理の半分です。

出来上がって扉を開けた時の湯気のもわもわ感といったらすごいです。

メガネが曇るほどの勢いのある湯気でした。

 

普通蒸しは、蒸しあがりの粒のパンパン感があります。

軸よりもつぶの方が大きくなる、とうもろこし蒸した!と感じるパンパン感です。

時間が経つとシワシワになることもありませんでした。

(AX-XW300使用)


ヘルシオでとうもろこし 食べ比べた感想

ヘルシオの低温調理と普通蒸しのとうもろこしを食べ比べました。

異なる点は2つです。

1つ目は、雑味があるかないか。

2つ目は柔らかさです。

1.低温調理のとうもろこしは雑味のない甘さ

低温調理のとうもろこしは、雑味のない甘さです。

それに対し、普通に蒸したとうもろこしは、甘さの中に加熱した味が出ます。

どちらも美味しいのですが、普通蒸しのとうもろこしは、雑味があると感じました。

雑味をうまく表現できないところが残念です。

2.柔らかさ

柔らかさは、普通に蒸したとうもろこしの方が柔らかいです。

低温調理のとうもろこしはシャキッとしています、硬いわけではありません。

柔らかい方がいいのかというと、そういうものでもないと感じています。

とうもろこしを蒸すなら

とうもろこしを蒸すなら、時間に余裕があるなら低温で蒸します。

雑味のない甘さを体験すると、そっちが美味しいと感じます。

時間に余裕がなかったり、急いで食べたい時は普通蒸しかホットクックで蒸します

ホットクックで蒸す理由は、片付けが簡単だからです。

まとめ

  • ヘルシオでとうもろこし 低温調理と普通蒸しの蒸し方と比較
  • 食べ比べた感想

上記2点を紹介しました。

雑味のない甘さの表現がむずしく、表現力の乏しさを痛感しています。

とうもろこしの低温調理と普通蒸しの違いに興味をお持ちいただけたなら、ぜひ一度比較をお試しください!

ブログランキングに参加しています。
↓画像をポチッとしてね!
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

ヘルシオでおすすめの夏レシピ

サバの南蛮酢漬け【ヘルシオで揚げもの風】夏にうれしい・ヘルシー・おいしい魚のレシピ

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら