血液検査項目を知ろう!血小板は救急車のような役割なのだ

お立ち寄りありがとうございます。ぴろりんこです。

今回は、血小板です。

血小板とは

血小板は、血液に含まれる細胞成分の一種。血栓の形成に中心的な役割を果たし、血管壁が創唱した時に集合し、その傷を防ぎ止血する作用を持つ。

血小板検査の目的

・目的 血小板数の以上を調べる
・基準値 14.5~37.9万uL
・高値の場合 40万uLが高値と考えられる。感染症、本能生血小板血症などが疑われる。
・低値の場合 10万uLが低値と考えられる。再生不良性貧血、急性白血病、巨赤芽球生貧血などが疑われる。

その他の傾向

・血小板数の減少 出血傾向にあるとみなされる。出血しないように注意する。
・血小板数の増加 血栓傾向にあるとみなされる。脱水症状にあるため、水分補給を十分に行う。四肢のしびれなどにも注意する。

健康も血液も大事ね

出血は止まるものと思っています。健康な証拠ですね。出血が止まらないなんて、考えただけでもゾッとします。

血液は間接的に栄養状態を見るため、その役割は複雑なものが多いです。

血小板の役割はダイレクトでわかりやすい。救急車のように、応急処置ができる機能なんですね。血小板の重要性に気づきました。

分子栄養学講座
・ウィキペディア 血小板

The following two tabs change content below.
ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。 ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼 詳しいプロフィールはこちら