お立ち寄りありがとうございます。ぴろりんこです。

昨日で4回通った分子栄養学の第9期の講座が終了しました!パチパチパチ〜

講座の最後に認定カウンセラーになるための試験があります。もちろん受けました。

受ける前から、受かる気がまったくしませんでした。それがなぜだったかということが、当日を迎えてみてやっとわかりました。

木を見つめた4ヶ月

体のこと、分子栄養学のこと、生化学のこと。

これらのことは奥が深いです。

人の体自体がとても緻密に化学的にできているのだと、分子栄養学を学んだことで、改めて知ったのでした。それに対する知識が圧倒的に足りませんでした。

試験に受かりたい。

その一心で、動画を見たり講座の勉強をずっとしていましたが、それって、森の中の1本の木をただ見続けたことのような気がしています。

マウナケア火山ができあがるまで

先日参加したイベント、「beの肩書き」の兼松さんのマウナケアという表現を言借りるなら、マウナケアの地層の部分がまったくできていないのでした。 beのあり方の部分がまだだったのです。

そんなの簡単にできるわけないじゃん!

私のbeは、私の48年間の試行錯誤が地層になっているわけで、積み重ねて雨が降って地が固まって、木が生えて大きくなって、壮大です。笑

身体は神秘の宝庫

子供を産み育てましたから、妊娠〜出産は人類の神秘だと思っています。

私のお腹の中にいたミジンコのような小さな生き物は、おっぱいを飲んでいるだけだったのに、笑ったり泣いたり、言葉が喋れるようになり、大人になりました。

核が分離して指ができて、とか栄養のこととかも、当たり前のように淡々と日々繰り返されていますが、それは本当にすごいことなんですよね。

医学部は6年間大学で学んで研修期間もあります。奥が深いってことです。

まとめ

だから諦めるのかと言うと、それは違います。

だからこそ、もう一度仕切り直しをして勉強を始めます。

まったく難しいなーと思いながら、まったく諦める気はありません。ここは乗り越えたい。チャレンジしたい。転んでもただでは起きませんよ。

この勢いで学び続けたら、次は絶対受かるんじゃないかと思っています。さぁまた今日から学びを再開しましょ♪

分子栄養学実践講座

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら