ホットクックでサバトマトカレーを作りました。

サバトマトカレーのレシピは、とろみん家のとろみさんがブログで紹介しているものを参考にしました。

実は私、魚の扱いが苦手です。塩鮭や乾物を焼くくらいはできますが、それ以外は秋鮭やムツを塩麹に漬けて焼くくらいです。煮魚は失敗しています。

もっと身近に魚料理を扱えるようになりたいなぁと思っていたところに、ホットクックでサバトマトカレーを作れる情報が流れてきたのです。助かります。

サバトマトカレー 材料は家にあるもの+鯖缶

材料は、鯖缶とトマトの水煮、玉ねぎ、にんじん、カレー粉、醤油のみ。

私は生姜の千切りも入れました。

材料の玉ねぎと人参もザックリとしたさいの目切りで、包丁を使う時間も3分?簡単でした。

 

ホットクックで加熱20分(手動・カレー・混ぜなし)でおいしいサバトマトカレーが出来上がりました!

サバにはビタミンBが含まれている

サバは動物性たんぱく質に含まれる、ビタミンDやビタミンB群が摂取できます。

ビタミンB群は、酵素の働きを助ける補酵素として体内で働いてくれます。ビタミンB群があるからエネルギー代謝が上がるし、神経伝達物質も作られます。

 

最近仕事が忙しくて緊張が続いているなぁ。夜眠れないなぁ。そんな方にはビタミンBが摂取できるサバカレーがおすすめです。

健康な体はバランスの良い食事から!

大学生の我が息子(21歳)は、もともとはほっそりとしていました。

最近は飲みに出かけてばっかりです。1日1食の日もあれば、飲んだくれている日もある。1日のトータルのカロリーは少なく感じる時もあり、かなり栄養が偏った食生活をしているようです。

だからか、最近ぶくぶくと太ってきました。

まさか我が息子がメタボリックなおじさん風になってくるとは驚きです。大げさに表現はしていますが、今までとは明らかに体型が異なってきています。

栄養不足は太るってほんとだなぁと、息子の姿を見ながら痛感しています。

カロリーだけ必要以内に収めても、結局のところ栄養バランスが悪すぎると、かえって太るとことを息子が証明してくれています。笑

バランスのとれた食事は大事!その手助けをしてくれるのがホットクックです。手間をかけずに肉も魚も野菜も摂取できます。

私の場合、肉は割と普通に扱えますが苦手は魚。

魚はまずは缶詰からでもいいのです。サバトマトカレーだったら、切って鍋に放り込んだらスイッチを押すだけで簡単に作れます。

 

とろみさんのレシピブログはこちら

あわせて読みたい

12月14日イベント開催します「美味しいレバー料理と知識で貧血を改善しよう!」

疲れやすい、むくみやすい。怒りっぽい。
このような症状は貧血が原因かもしれません。
貧血を改善するレバー料理と血液検査データからわかる数値で、貧血の症状や改善をしましょう。

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら