Facebookに投稿されていた「りんごとさつまいものコンポート」 これが美味しそうだったので私も真似して作ってみました。

材料は、りんご、さつまいも、レモン。

どれもスーパーですぐに手に入る材料と言うところが、作りたい!と思いすぐに行動できたのだとと思います。

紹介します。

もっとヘルシーバージョン

材料

  • りんご1個
  • サツマイモ大きめ1本
  • レモン半分(しぼり汁にする)

ホットクックのメニュー集には砂糖が入っていますが、紹介されていたものは砂糖なしで作っていました。

私ももちろん入れません。サツマイモを加えることと、りんごそのものの甘さもあるので、砂糖は加えなくて大丈夫です。

まぜ技ユニットを使わない作り方

メニュー集にはまぜ技ユニットを使うと書かれています。

まぜ技ユニットを使ったらサツマイモが形が崩れるだろうと思い、私は使いませんでした。

 

手動、煮物モード、混ぜなしで20分経ったところ

 

さらに10分加熱

合計30分加熱をすると、果物とレモンの水分が光のようになります。これで完成♪

自然な酸味と甘みがおいしい

りんごは酸っぱく甘く、サツマイモは甘いです。砂糖を使っていないのにおやつとして充分おいしいです。

これは罪悪感なく食べられるおやつ。食物繊維も豊富です。

リンゴを皮のまま使う方法

りんごはワックスが気になります。

そんな時は「ホタテの力くん」で農薬をとります。

ホットクックがない場合はどうしたらいいんだろう

電子レンジとかでもできるのかな?電子レンジはサツマイモの水分が急激に飛びますね。向かなさそう。

フライパンで蒸し煮はいいかもしれません。タイマーをセットすることをおすすめします。

小腹が空いた時に天然素材のこういうおやつがあるとうれしいです。お食後にもぴったり。

こういうものを食べていると、市販のドーナツには手が伸びなくなります。砂糖の強い甘味から自然と離れることができますよ。

合わせて読みたい

 

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら