フリースタイルリブレで血糖値測定の第3弾、10日目です。

2日間大阪へ旅をしました。

旅の日は外食です。

「いつ何を食べるか」は大事です。

行動も加味して食事を選びましたが、空腹すぎて低血糖になったりお腹が空いたり、体には悪影響な1日でした。

紹介します。

フリースタイルリブレの詳しい記事はこちら

第3弾!10日目 朝食

◇血糖値
①食事前 91
②食事前 83 食後ピーク 165

◇メニュー
①バナナ豆乳ジュース 半量を水で薄めて
ピタヤパウダー入りプロテイン
ココナッツオイル入りコーヒー

②クロックマダムと紅茶

始発ののぞみで大阪へ🚄

新幹線移動中は座りっぱなしで血糖値が上がりやすいから、甘みのある飲み物で血糖値を維持。

大阪着後にクロックマダムをいただきました。血糖値がバッチリ上がりました。

 

View this post on Instagram

9/19 朝食 ◇血糖値 ①食事前 91 ②食事前 83 食後ピーク 165 ◇メニュー ①バナナ豆乳ジュース 半量を水で薄めて ピタヤパウダー入りプロテイン ココナッツオイル入りコーヒー ②クロックマダムと紅茶 始発ののぞみで大阪へ🚄 新幹線移動中は座りっぱなしで血糖値が上がりやすいから、甘みのある飲み物で血糖値を維持。 大阪着後に朝食いただきました。血糖値上がったねー🤣 #血糖値 #血糖値測定 #フリースタイルリブレ #スーパーフード #superfood #体にいいこと #健康オタク#シュガーフリー #グルテンフリー #炭水化物ゆるオフ #たんはく質強化 #血糖値を上げない食べ方 #運動で血糖値を上げない #筋トレ #ココナッツオイル #ココナッツオイル白湯

A post shared by Hiroko Yamamoto (@pirorina22) on

第3弾!10日目 昼食兼夕食

◇血糖値
食事前 85
食後ピーク 130

◇メニュー
・スパークリングワイン、赤ワイン
・おつまみ色々

お昼が夕方4時ってダメダメです。

大阪で有名なコウハク、やっと行けました!ここに行きたいがために昼食をずらしたのですよ。

本当は2時過ぎにお店に着きたかったのですが、世界遺産の百舌鳥古墳群からは簡単に離れられませんでした。

 

View this post on Instagram

9/19 昼兼夕食 ◇血糖値 食事前 85 食後ピーク 130 ◇メニュー ・スパークリングワイン、赤ワイン ・おつまみ色々 大阪で行ってみたかったコウハク🍷 量が少ないから、1人でも色々楽しめた。お腹ぺこぺこでがっつき😋 食事まではナッツを食べて空腹を紛らわせました。 #血糖値 #血糖値測定 #フリースタイルリブレ #スーパーフード #superfood #体にいいこと #健康オタク#シュガーフリー #グルテンフリー #炭水化物ゆるオフ #たんはく質強化 #血糖値を上げない食べ方 #運動で血糖値を上げない #筋トレ #ココナッツオイル #ココナッツオイル白湯

A post shared by Hiroko Yamamoto (@pirorina22) on

第3弾!10日目 夜食

◇血糖値
食事前 93
食後ピーク 変化なし

◇メニュー
・ココナッツ焼菓子
・鶏ハム

この日は糖質制限食を実践されている直子さんからお誘いいただき、イベントに参加しました。

昼食が遅かったので、出していただいたココナッツの焼き菓子と鶏ハムで十分お腹が満たされました。血糖値も安定でした。

 

View this post on Instagram

9/19 夜食 ◇血糖値 食事前 93 食後ピーク 変化なし ◇メニュー ・ココナッツ焼菓子 ・鶏ハム 食事が乱れました。だから夜いただいたものを夜食としました。 ココナッツは繊維が豊富だし、甘味料はラカントSを使っていて、血糖値が安定していました。 #血糖値 #血糖値測定 #フリースタイルリブレ #スーパーフード #superfood #体にいいこと #健康オタク#シュガーフリー #グルテンフリー #炭水化物ゆるオフ #たんはく質強化 #血糖値を上げない食べ方 #運動で血糖値を上げない #筋トレ #ココナッツオイル #ココナッツオイル白湯

A post shared by Hiroko Yamamoto (@pirorina22) on

血糖値安定テクニック

東京から大阪までは、新幹線で約2時間半強です。

座りっぱなしで手軽な朝食(=糖質多め)を楽しむと、血糖値が上がることはわかっていました。

だからと言って、空腹のまま2時間半はキツイ。

①動かない時の血糖値の安定方法

体を動かせない時は、ジュースを水で薄めて飲むと血糖値が上がりすぎず安定します。空腹も紛れます。

ポイントは薄めることです。そのままだと糖度が高いので、思い切って半分捨てます。そしてミネラルウォーターを足します。

②活発に動ける時に食べたいもの

アクティブに動ける時は、何を食べてもいいと思います。

私はおやつに準備した甘めのナッツをかじりながら、自転車で移動していました。

今思うとコンビニのカラアゲ君とかがよかったかもと思いました。

 

甘さがあっても動くから血糖値は上がらず。むしろ低血糖になってしまいました。

お腹すかせ過ぎもダメです。

大阪の旅の様子はこちら

まとめ

外食は糖質のコントロールと、食べるタイミングがむずかしいです。

旅の時は割り切って食事を楽しみつつ、コントロールできるところはコントロールするのがいいのかな。

血糖値の見える化で課題発見な1日でした。

 

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら