わじまの海塩がなくなり他の塩を購入したのですが、あまりにもイマイチでわじまの海塩を買い直しました。

私はヘルシオやホットクックで調理することがほとんどです。

そのさいの味付けは、塩、もしくは醤油です。シンプルな料理だからこそ、塩にはこだわりたい。

やっぱりわじまの海塩がいい!ということで、紹介します。

わじまの海塩は能登産

わじまと言えば能登。

わじまの海塩は、石川県輪島沖の海水で作られています。

多くの魚が集まる海は、生命にとって必須の成分をバランスよく含んでいる証拠です。その海水を、釜炊きせず、上から熱を当て40度未満の低温で穏やかに結晶させました。

わじまの海塩HPより

素材が良く、かつ丁寧に作られているから味が良いのです。

わじまの海塩はおいしい

私は、塩をなめただけでおいしいだのまずいたのはわかりませんが、料理に使った時はおいしいかおいしくないかは少しわかります。

わじまの海塩は500gで2000円します。

塩にしてはかなり高いです。

だから、手頃に購入できる○○○の塩を、スーパーで購入してみました。

いつもと同じように食材、全体量の0.6%で味付けをしたのですが、いつもより濃い、しょっぱいのです。

塩が尖って感じました。

同じグラム数でも、中身が異なると言うことです。

わじまの海塩の方がミネラルが豊富に含まれていいて、味がまろやかです。

あまりにがっかりして、速攻でアマゾンで買い直しました。

わじまの海塩 ミネラルバランスが素晴らしい

分子栄養学的な話をしますと、カルシウムとマグネシウムの比率は2:1が良いと言われています。

2:1の比率の場合、カルシウムの吸収が良くなります。

わじまの海塩は、カルシウムとマグネシウムの比率が2:1、カルシウム:マグネシウム比率がパーフェクトなのです!

カルシウム過剰摂取のリスク 異所性石灰化

牛乳はカルシウムとマグネシウムの比率が11:1、これはバランスが悪いです。

バランスが悪いと何が起こるかと言うと、過剰に摂取したカルシウムが使えないカルシウムとなり、異所性石石灰化を起こします。

異所性石灰化とは、歯や骨以外の場所にカルシウムが溜まることです。

皮膚や血管にも溜まることがあり、炎症や動脈硬化を引き起こす場合もあります。

まとめ

わじまの海塩は、丁寧に作られていておいしいと言うのが選択の1番の理由です。

それに加えてミネラルバランスが良く、体にも優しい塩です。

ホットクック調理はシンプルです。だからこそ、塩にはこだわりたい。

わじまの海塩、おすすめです!

わじまの海塩で作るとおいしいホットクック料理

12月14日イベント開催します「美味しいレバー料理と知識で貧血を改善しよう!」

疲れやすい、むくみやすい。怒りっぽい。
このような症状は貧血が原因かもしれません。
貧血を改善するレバー料理と血液検査データからわかる数値で、貧血の症状や改善をしましょう。

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら