ホットクックで粕汁を作りました。

前回、汁が少なく大失敗だったので、今回は水分をしっかり入れました。

粕汁はお汁も主役級!

おいしいです。加えて美肌効果も♪

今回は粕汁作り2回目ということもあり、お味噌も酒粕と一緒に後から入れて丁寧に作りました。

紹介します。

野菜たっぷりの粕汁の作り方

材料

  • 鮭2切れ
  • 大根半分
  • こんにゃく 小1袋
  • にんじん 半分
  • 白菜 2枚
  • キノコ類  1パック分
  • 長ネギ 細め1本
  • 油揚げ 1枚
  • 味噌 全体量の4%
  • 酒粕 100g
  • 水 全体量と同量

野菜はお好みで。

全体量と同量の水も入れました!

作り方

  1. 大根とにんじんはいちょう切り、こんにゃくはひと口サイズ、長ネギは斜めに切り、まいたけはひと口サイズにほぐす 油揚げは短冊に切る
  2. 大根を下茹でする 手動→4ゆで→10分
  3. ホットクックの内鍋に野菜を下に、上に4等分した鮭を上に乗せ、水を同量以内で入れる
  4. ホットクック 手動→1カレー・スープ→2混ぜなし→20分→スタート
  5. 全体量に4%をかけた量の味噌と酒麹を煮上がった汁で伸ばす
  6. 加熱延長10分
  7. 出来上がり
    (ホットクックKN-HT24B使用)


大根は下ゆでする


野菜をした、鮭は上におく


全体量を事前に計っておき味噌の量を計算し計量する


お味噌と酒粕を入れる前の状態


事前に味噌と酒粕を混ぜたの図

酒粕がなかなか溶けず苦戦。上記の画像よりも混ぜ込みましたが、完全に溶けるには至りませんでした。

今回は鮭を塩麹に漬けました。その場合は鮭以外の量でお味噌の量を計量します。

丁寧に作ってみる

料理は美味しく手間をかけずに。

これがモットーですが、私の場合は手間をかけないことが優先になってていて、お味噌は煮込む前から入れています。

今回は酒粕も後入なので、味噌も後から入れてみました。お味噌の風味があったかなー?

何はさておき、お汁たっぷりの酒粕はおいしかったです。

酒粕には美肌効果も♪

酒粕にはα-EGと言う栄養素が含まれています。

このα-EGに、コラーゲンをアップさせる力があるそうです!

酒粕50gを2週間取り続けると、肌のハリときめが改善されるという実験をNHKが行っていました。

それ以外にもビタミンB群や食物繊維が豊富で、肌細胞の代謝を高めたり、ターンオーバーを促す力があります。

まとめ

酒粕を毎日50g取り続けるかは別として、食べるだけで体が温まる酒粕は冬にもってこいの汁物です。

急に寒くなり、温かい食べ物がうれしい季節になりました。

たっぷりの野菜と酒粕効果で美肌も期待できる粕汁は、ホットクック簡単に作れますよ。

注)酒粕にはアルコールが含まれます。お子様がいらっしゃるご家庭はご注意ください。

粕汁の失敗バージョンはこちら

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら