オクソのサラダスピナー(野菜の水切り器)を使い、サラダを常備する季節になりました。

サラダは寒い季節は食べたいとも思いませんが、気温が上がり始めると自然と手が伸びます。

その都度切ったり洗ったりすればいいのですが、横着者は「どうしたら、ラクにおいしく食べられるか?」を考えます。

結果、葉物をたっぷり用意して、サラダスピナーに入れっぱなしにしています。

鮮度や栄養価はやや下がると思いますが、そこは質より量を取ります。

これから気温が上がるので、サラダの常備もおすすめです。

私が使っているOXO(以下オクソ)のサラダスピナーの使い方と、野菜は生か加熱か?の是非について紹介します。

オクソのサラダスピナー

サラダスピナー歴20年以上です。

サラダスピナーは、なくても良い気もしますが、あると断然便利です。実家住まいから転勤になった際にも買い足しました。

私が使っているのは、オクソのサラダスピナーです。

オクソのサラダスピナーのメリット

  • 透明でオシャレ
  • 取り扱いが楽
  • フタが解体できる

使うものは、見た目の美しさも大事と考えます。

突起部分を押すだけで、力いらずで葉物の水切りができます。

 

フタが解体できて、「フタがしっかり洗えない」ストレスもありません。

オクソのサラダスピナーのデメリット

  • お値段高め
  • 場所を取る

クルクル手動で回すものに比べると、お値段が高めです。

場所を取ります。冷蔵庫の存在感たるや!

でも、ないとすっごく不便です。

サラダの水切りをサラダスピナーなしなんて、考えられない。

使ったことはありませんが、多分使ったら手動タイプは面倒と感じると思います。

そして、絶対に大きいサイズがおすすめです!

まとめて準備するので、小さいと役に立ちません。

オクソのサラダスピナー 使い方

OXO サラダスピナー
野菜をボールに入れてお水でささっと洗う
ザルで水を切りボールに入れる
フタをして上のボタンをギュッと押す

水切りが足りない場合は、何度でもギューギューしてください。

ちょっと音がうるさいです。止めたくなったら、小さなボタンを押すと止まりますよ。

 

野菜は生か?加熱か?

この世の中には、野菜は生しか食べないローフード信者の方もいれば、野菜は加熱したものしか食べないと言う方もいます。

私は、目的に応じてどちらか選べばいいと思っています。

なぜなら、どちらにもメリットもデメリットもあり、どちらか片方だけの場合、選択の幅が狭まるからです。

ローフード(非加熱食品)のメリットとデメリット

「RAW FOOD」は、加熱によって損なわれがちな、酵素やビタミン、ミネラルなどが破壊されにくく、効率よく摂取できる

yoggie magazine

ローフードが良いと言われる所以は、酵素やビタミンやミネラルがたくさん残っているからです。

しかし、私は冬になるとサラダは食べたいと思いません。寒い時期は冷たい食べ物を体が欲しませんし、生野菜は体も冷やします。

貧血女子は冷え性の方が多いです。冬の生野菜は苦手ですよねー

加熱野菜のメリットとデメリット

 

トマトのリコピンは、加熱することで効果を発揮しやすくなるのだとか。

また、野菜は加熱することで水分が抜けて、たくさんの量を食べられるようになります。

だから、加熱野菜は流れ出た栄養までスープとして食べる、もしくは蒸しがおすすめです。

加熱野菜のデメリットは、ローフードとは真逆で加熱することで栄養価が下がることです。

ローフードも加熱野菜も一長一短あります。体の状況で欲するものを取り入れるのが私の考えです。

まとめ

サラダも常備しておくと、さっと食べることができ便利です。手軽に栄養も摂取できます。

場所は取りますが、オクソのサラダスピナーは優秀です。

もしまだサラダスピナーを使っていらっしゃらない方は、この機会に購入することをおすすめします。

オクソのサラダスピナーで、サラダを常備しませんか?

次におすすめの記事はこちら

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら