スーパーフードのYORIKO先生のお料理をいただいた際に、農薬を浮き上がらせる貝殻の粉もご紹介いただきました。

アマゾンでも様々なものが売られているので購入しました。

実際に使ってみると、確かに水は黄色くなるしあぶらが浮き上がってきます。日本の農薬の基準はきびしいと言いますが、ないならない方がいいです。

紹介します。

使い方

1. ボールに野菜を入れて水を張る
2. 野菜を浸ける
3. 10分程度たったらとりだして洗う

野菜を買ってきたら一番最初にこのお水につけて、その後冷蔵庫に入れるのが動線的にはいいです。すぐに食べない場合は、そのままビニール袋に入れて保存、食べるごとに洗います。

 

これは失敗。ブロッコリーは房ごとつける。食べるごとに切って洗うのがいいですよ。

水が変色

透明だったお水が黄色になります。水面にはあぶらが…

これを見るとやらずに入られません。

皮まで食べられる

りんごの皮ってワックスのせいか膜を張った感じがします。だから今までは皮をむいていました。

ホタテの力くんに浸けると膜が剥がれて皮がキュッとします。おかしなものが付いていない感じ。だから皮ごと食べられる!

サラダもリンゴが、皮の彩りが入るだけで華やかになります。

まとめ

微量農薬は許容範囲内と言いますが、ないに越したことはないです。農薬なしで育てられないのなら、体内に入る前に除去すればいいのですよ。

水に浸けるだけの手軽な農薬除去方法、お値段も手軽です。ぜひお試しください。

 

 

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら