ヘルシオには様々な調理方法がありますから、毎日が実験です。

今回は我が家が朝食でよく使うブロッコリーの茹で方を比べてみて感じたことは、ブロッコリーの蒸し方にはこだわらなくていいということ。

自分が一番使いやすい方法、その他の調理と組み合わせてベストを見つけるのが良さそうです。

実際に試したことを紹介します。

ヘルシオでブロッコリーに火を通す方法は4つ

①焼き・蒸し同時メニュー 蒸し機能でブロッコリーを蒸す。(おまかせ)
②モーニングメニューで加熱する。(おまかせ)
③蒸し青野菜で蒸す。(おまかせ)
④ソフト蒸しで蒸す。(手動設定)

大きくはこの4つです。

ヘルシオでブロッコリー蒸し 実験開始!

①ヘルシオ メニュー番号13「から揚げ&蒸し野菜&ゆでたまご」

種類がありすぎてすでに覚えていません。多分そう。
このブロッコリーは普通でした。

②ヘルシオ モーニングメニュー84「モーニングセット&スープ」

パンも一緒に焼いてみようという試み。

これはブロッコリーが固かった。

 

 

③ヘルシオ 蒸し青野菜機能

普通においしい。

もくもくがすごいのは、高い温度で蒸しているんですね。85度とは明らかに温度の違うことがわかります。

 

④ヘルシオ ソフト蒸し機能

低温調理の本にあった「85度で30分」で蒸しました。
普通においしい。

 

素材の力を最大限引き出す低温調理が好きです。私の味覚が鈍いだけかもしれませんが、糖質が低いブロッコリーはかわりないです。

ヘルシオでブロッコリー蒸し 結論

朝食は時間との戦いです。

③④は単機能なのでブロッコリーを茹でるだけにヘルシオを占領されます。

①メニュー番号13で蒸しと焼きを同時にやってもらうのが良いし、IH鍋で作っていたゆで卵も同時にできますから手間と時間の短縮になります。

ブロッコリーだけをたっぷりおいしく蒸したいのなら、蒸し青菜機能がおすすめ。状況に応じて機能を選ぶのがいいと思います。

 

とにかくヘルシオは多才です。

メニューはもちろんのこと、機能も「おまかせ」も「手動」もありです。好みの機能を見つけるまでの道のりは、実験くんで楽しみます。

 

12月14日イベント開催します「美味しいレバー料理と知識で貧血を改善しよう!」

疲れやすい、むくみやすい。怒りっぽい。
このような症状は貧血が原因かもしれません。
貧血を改善するレバー料理と血液検査データからわかる数値で、貧血の症状や改善をしましょう。

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら