お立ち寄りありがとうございます。ぴろりんこです。

タンパク質中心のメニューとなると、炭水化物が多く含まれる外食は選択肢から外れます。お弁当を持参するようになり、IH鍋とヘルシオを使う頻度がさらに上がりました。

お鍋に入れてスイッチオン

今朝は、小蕪と手羽元を煮ました。

味付けはもちろん、ロジカルクッキングで行います。

お醤油の場合は…

材料×4%の醤油です。
今回の材料は約400g 醤油は16g、大さじ1強です。ここは目分量ではなく、計量スプーンを使います。

軽く混ぜて、スイッチオン。骨つきの鶏肉なので、一定圧で10分。出来上がったら軽く混ぜてそのまま放置して、さらに味を染み込ませます。

 

加水しません

小蕪は水分が多いので、出汁や水は加えません。

というか、野菜から水分が出るので、水を加えません。そのため味付けにムラが出るため、調理後手動で混ぜます。象さんは「混ぜ機能」がないんですよね。それでも何とかなります。笑

まとめ

チャチャッと材料を混ぜて煮物が出来上がります。

楽です。手間がかからないのでお弁当作りが続いています。むしろ、「何を食べようか」と悩む方が手間と感じるようになりました。

コンビニへ行っても、外食でも、タンパク質メインのものはレパートリーが少ないです。

職場の近くで選ぶと、外食は餃子の王将くらいです。それも毎日では飽きてしまいます。パスタやカレー、ラーメンなどの炭水化物メインは選びたい放題なんですけどね。以前はそれでもよかったのですが、もう後戻りはできません。

健康のためにも、お財布のためにも、お弁当作りは続けたいです。

 

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら