お立ち寄りありがとうございます。ぴろりんこです。

我が家にずっと眠っていた本を引っ張り出しました。その本は「ごはんとおかずのルネサンス」という本です。

そこからヒントを得て、具沢山の煮物をロジクックで作ってみました。地味に深いお味でした。けっこう好き。色々試したいと思っています。

「ごはんとおかずのルネサンス」

代官山のフランス菓子の名店「イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ」の巨匠、引田亨さんの本です。「心と体を豊かにする日本の家庭料理」がテーマです。

ざっくり言ってしまうと、丁寧な家庭料理の本です。

特徴は、とにかく具が多い。こんなに入れるの!ってくらいです。

例えば、鳥ご飯の材料は…

米、高野豆腐、干し椎茸、こんにゃく、ごぼう、人参、蓮根、筍、油揚げ、鶏肉。それに出汁としてのいりこと昆布がそのまま入ります。

「みなさんの鶏ご飯のイメージって上品な薄味で、なんとなく鶏ご飯というものでしょう。ダメダメそんなんじゃ。心と身体が浮き立つように、さぁ、いっぱいなんでもかんでも賑やかに入れちゃいます。こんにゃく、たけのこが浸かっていた水も決して捨てずに使います。」

特徴としては、あとは砂糖を使いません。基本調味料は醤油、塩、お酒のみです。

具沢山の煮物を真似っこで簡単に

入れた具たち
大根、人参、ごぼう、こんにゃく、干し椎茸、豚肉、油揚げ、煮干し。

 

いつもだったら、干し椎茸と油揚げは入りません。それに煮干しも。この3つを加えるだけで、出汁が揃った感がありますね。

 

煮物は基本、勝間さん流ロジカル・クッキングです。

鍋は象印のIH鍋。

そのIH鍋にすべてを放り込み、全体量の4%の醤油を入れてスイッチオンするだけです。今回は、勝間さんのブログに紹介されていた通り、豚肉はヘルシオで70度蒸しして後から加えました。

煮干しと干し椎茸の効果

加熱している時の匂いがいつもと違いました。

煮干しが来て、次に干し椎茸。また煮干し。とはっきりと匂いがいました。

出来上がりの煮物を一口食べて驚いたのが、甘いんです。甘みがある。野菜だけでも十分甘みはありますが、はっきりと感じるくらい甘い。

そして、地味。地味ーな感じです。

そして、煮干しの味がする…

煮干しがガッツリと効いたラーメン、苦手です。ちょっと苦味がありませんか?それに近い感じで煮干しが効いているんです。

慣れないので苦手感ありましたが、食べすすめていくと煮干しの味に慣れます。地味で深い。滋味深いっていうのかしら、慣れると箸が進みます。これは好き嫌いが別れるかなと思いました。

滋味深いとは

地味で滋味、地味深いを連発していますね。笑

ググりました。

1. 栄養があって味のいいこと。栄養豊富でおいしい食べ物。「滋味に富む料理」
2. 豊かで深い精神的な味わい。「滋味掬(きく)すべき作品」

使い方は合っていました。

まとめ

初めは違和感がありましたが、慣れました。私はこの煮物がおいしいと感じるし、体にいいから好きと感じます。

これは趣味嗜好の範囲だと思います。決して健康体ではありませんが、体に良さそうなことが好きなんですよ。

煮物に、油揚げと干し椎茸と煮干し(いりこ)を加えるだけです。広く栄養を摂るという観点からも取り入れたい考え方です。

料理教室もあるようですよ。行ってみよう♪

 

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら