お立ち寄りありがとうございます。ぴろりんこです。

習慣というのは恐ろしいものです。

体が受け付けるものはどんどん食べるし、受け付けないものはどんどん手が伸びなくなり、食べられなくなります。

私は、以前は糖質のパスタ、ラーメン、パン、焼き菓子が大好きでした。過去形で言った見たけれど、今もパンと焼き菓子は控えめに継続中…

着るものも同じです。パンツばかりはいていて、スカートをはかなくなると足を出すのが怖くなったりして。

ナッツが苦手だった

去年の夏に糖質ゆるオフを強化していました。

糖質オフをしている方たちは、ナッツをよく食べているんですよね。私も真似して小袋がたくさん入ったナッツを購入してたりしました。

でも、再購入には至らなかったんです。

なぜかと考えてみると、ナッツを体が受け付けていなかったのではないかと。ナッツは消化に時間がかかります。私の体には負担だったのだと思います。

自然とナッツに手が伸びるようになった!

時は経ち、立ち仕事と座り仕事が半々だった私は、デスクワークの人になりました。

自分のデスクでお茶を飲んだり、お菓子を食べたりできるようになりました。という事は、捕食が自分の好きなタイミングでできるのです。

私のようにお腹が空くと「いてもたってもいられない」となる人は、おやつ捕食ができるととても助かります。「いてもたってもいられない」の症状は、低血糖なのかなと思ったりもします。

久しぶりにナッツを買ってみました。1袋を3回位、1週間位で食べ切る感じ。

もうこれで購入は3回目なのですよ。自然に手が伸びるということは、ナッツが消化できるようになったのだと思うのです。うれしい!

体のお便りは変わりなく順調です。ということは、うまく消化しているのですね。

 

お肉とパスタ、あなたならどっち?

以前の私は糖質、すぐにエネルギーになるものを好んでいました。ランチでお肉かパスタかと聞かれたら、パスタを選んでいました。

それは単なる嗜好だと思っていたけれど、体質なんですよ。食べられる、消化できて身になる(エネルギーになる)ものに手が伸びるのです。

だから、お肉が好き!という方は、きっと消化力があるのだと思います。お肉が好きでお便りも順調だったとしたら、あなたは消化力が優れているはず、心身共に健康なのではないでしょうか。

私はそこのところがまだまだです。お肉大好き!と言えるようになりたい。

 

で、書き出しに戻ります。

スカートも履いた方がいいって話です。習慣がなくなると、なくなったものに手が伸びなくなります。

ウエストマークを避けるようになったら、それは何かのサインです。

 

 

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら