お立ち寄りありがとうございます。ぴろりんこです。

マグネシウム補給としてにがりを取り入れています。飲み物にポタポタ、炊飯時にもポタポタと地味に継続しています。

まごめさんの記事を読んで、なるほど!硬水のミネラルウォーターを飲めばいいんだ、と気づきました。コンビニに立ち寄るたびにどんなミネラルウォーターを売っているのか確認していました。

 

見つけました!

新宿高島屋の紀伊国屋で、カルシウム:マグネシウムの比率が2:1という素晴らしいミネラルウォーターを発見しました。ご紹介します!

1本160円なり

硬水は国産メーカーにはないので、珍しパッケージを探します。

コンビニにはありませんで、新宿の高島屋にありました。1本160円台なり。

すでにパッケージに「理想のミネラルバランス2:1」と歌われていました。素晴らしい!

ただ、毎日飲むにはちょっとお高い。

ネットでお安くなっているかしら〜?と探しましたが、アマゾンでは24本でも1本160円しています。並行輸入品がないってことかな。残念です。重い物を運ぶ必要がないからお得と考えるべきかな。

 


HPからお借りしました。

 

ミネラル比較一覧

他のミネラルウォーターはどうなの?

ということで、一覧表を作りました。

目的をマグネシウム摂取とするならば
1. ロスバッハーパワースパークリング
2. サンペレグリノ

有名なペリエは、カルシウムとマグネシウムの比率が10:1でした。これは牛乳並みのバランスの悪さでカルシウム過多です。

ミネラルを謳う麦茶は、ひじょうに微量のミネラルだったという事実。

なぜマグネシウムにこだわるのか

分子栄養学実践講座主宰されている宮澤先生のご著書より

マグネシウム は、タンパク質や脂質などの生合成、遺伝子合成など、体内の300以上もの酵素反応に関与する補酵素として、重要な役割を果たしているのです。

(中略)マグネシウムとカルシウムも同族元素です。この2つのミネラルは、体内で早退しながら共同していて、カルシウムが働きすぎるとマグネシウムはそれを抑え、マグネシウムが働きすぎると今度はカルシウムがそれを抑えます。

(中略)カルシウムとマグネシウムの兼ね合いは、とても大事なのです。

カルシウムが大事と言われて育っていますが、カルシウムと同じだけマグネシウムも大事です。それなのに、現代は加工食品が増えマグネシウム不足になっています。

まとめ

必要な栄養素をサプリメントで摂取するのもいいですが、日常的に摂取するものから栄養を取れるのが一番です。

知っていると知らないとでは、選択が大きく異なります。知るって大事。マグネシウムが多いとお腹を下す場合があります。様子を見ながら積極的にミネラル摂取したいですね。

 

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら