レストランと一緒に東京スカイツリーを楽しんできました。

都営浅草線で押上まで行きました。日曜日だったこともあり、地下鉄は家族連れでいっぱいでした。

地下鉄に乗って初めて、自分が観光地を目指していたことに気づくほど大勢の人です。

スカイツリーができてから6年経ちましたが、人気は衰えていませんでした。

そこで、東京スカイツリーへ行くなら押さえたいポイントを2つお伝えします。

東京スカイツリー アクセス

  • 東武スカイツリーライン「東京スカイツリー」駅すぐ
  • 東武スカイツリーライン、東京メトロ半蔵門線、京成押上線、都営地下鉄浅草線「押上(スカイツリー前)」駅 直通徒歩5分

 

展望台営業時間

8:00~22:00(最終入場21:00)※年末年始などの特別営業を除く

東京スカイツリー ポイント①予約はマスト

スカイツリーのレストラン634を予約して、さすが!と思ったのが展望台への道でした。

ファストパスのように並ばずにエレベーターに乗れます。

レストランに高いお金を払うのだから当然といえば当然ですが、いいサービスです。

土日祝は、チケットセンターもエレベーターも並びます。

限りある時間の中でスカイツリーを楽しむなら、絶対に時間帯予約、もしくはレストランとセットで楽しむことをおすすめします。

東京スカイツリー ポイント②天望回廊まで登るべし

窓枠が鬱陶しいですが、天望回廊は空いています!

激混みの天望デッキから、さらに上がるためにはお金がかかります。しかしその分良い眺めと空いている空間で東京を見下ろすことができます。

天望デッキと天望回廊は100mの差があります。これが視覚で体感できます。せっかくだったら違いを楽しみたい。

天望デッキからの眺め

展望デッキからの眺め。新宿方向。左手にドコモタワー、ドコモタワーより少し右寄りに都庁のツインタワー。

右にあるのがドームだと思ったのですが、当たってる?

 

展望台からの眺め。東京タワー。

天望回廊からの眺め

天望回廊からの眺め。遠くに霞む東京タワー。幻想的です。

 

展望デッキからのシースルー

東京スカイツリー 随所随所にお楽しみが

エレベーターは四季がテーマになっています。

私が乗ったエレベーターは「夏」でした。

江戸切子があしらわれたエレベーター、とても綺麗でした。帰りも「夏」だったので、違う季節も楽しみたいわぁ。

スタッフのユニフォームはminä perhonen、皆川さんがデザインされています!

かわいいなーと思ってググったらやっぱりでした♪

まとめ

観光地や混雑した場所が苦手です。だから東京スカイツリーにも積極的に足を運びませんでした。

しかし、やっぱりすごいぞ東京スカイツリー!

圧倒的な高さと満足いくレストランがありますし、随所随所にこだわりが散りばめられていて楽しいです。1日遊べます。

ぜひともレストランとのセットで、東京スカイツリーを楽しんでください!

2018年9月訪問
2019年11月追記

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら