金沢のさわこさんが静岡へ来静されます!

静岡駅でレッドカーペットを敷いてお迎えしたいところですが、哀しきサラリーマン。自由がききません。

そこで、おすすめのコースをご紹介します!

おすすめコース

リンクはこちら↓

 

静岡自慢

静岡といえば、炭火焼きハンバーグのさわやかとフルーツたっぷりのタルトが有名なキルフェボン。

 


Instagramより

キルフェボンは静岡が発祥の地です。この店は東京にもありますから言わずもがなですね。

さわやかは静岡県内にしかお店がありません。

理由は「お肉を県外に持ち出せない」と言うことらしいです。本当かは知りません。

だから首都圏や遠方から大勢の方がさわやか目掛けてやってくると言う噂。

わが社でも静岡に出張に来た方から「さわやかへ行きたい!」と言う声があったり。おいしいお刺身と日本酒を泣く泣くあきらめ、さわやかへアテンドしたことがあります。

目の前でハンバーグをジュージュー仕上げてくれるパフォーマンスが人気なのか?味なのか?

味は確かに欲しいのでご安心ください。

駿府城と静岡浅間神社

静岡人の私にとって、駿府城は駿府公園なのです。駿府城ではありません。子供の頃からずっと駿府公園と呼んでいるので、お城へのこだわりがなーい。

駿府城のHPを見て、いろいろあるんだなぁと思ったほどです。

 

静岡浅間神社も然り。お浅間さんと呼んでいます。歴史をしっかり確認したことがありませんでした。

静岡人が1番知らないのではないかと思ったほどです。私だけかしら?

今度静岡に帰った時は、地元の観光地をしっかり眺めていきたいと思いました。

その他おすすめのお店

和食

壱は私も昼夜行ったことがあり、1番最初に思いついたお店です。

 

FUJI

FUJIは「いいお店知らない?」と聞いた食通の2人から出てきた名前です。だからきっとおいしいはず。

壱とFUJIはどちらも導線から外れる感じです。残念。

寿司

松野寿司

こちらは先月ブログでも紹介しています。

静岡駅前、松坂屋さんの隣にあって立地が便利です。

洋食

ジュードポム鷹匠

私は母と一緒の洋食はこちらでいただくことが多いです。お値段も味も安定しています。席の感覚が狭いことだけがちょっと残念。

ティータイム

Maruzen Tea Roastery

静岡で1番栄えている通りと言えば呉服町通り。まるぜんさんは呉服町通りにあります。

焙煎温度が選べるティージェラートカフェだそうです。毎日通っていましたが入ったことはありません。笑

ななや

こちらも抹茶ジェラートが有名です。ななやさんは抹茶の濃さを7段階から選べます。

こちらは店内に椅子がありません。天気が良ければ青葉公園で食べるのがおすすめです。

静岡土産

静岡土産と言えば、こっこ?

私はこっこが苦手なので、県外へお土産をもって行くときには必ずうなぎパイにしています。

うなぎパイは「夜のおかしい」と言うなんとも微妙なネーミングが付いていて、何かと話題で人気です。

お酒だったら磯自慢、喜久酔、初亀。

多分どれも静岡市内では簡単には手が入らないと思いますが。グランドキオスクには置いてあるのか?

まとめ

最初は、絶対においしいものを食べていただきたいなと思っていました。

その視点で友人たちに聞きまくったのですが、ふと気づきました。

さわこさんが地元に戻って「静岡行ってきたの」と語るとき、「へーほー」と関心を持って聞いてもらえる体験や、ブログネタになることの方が大事なのではないかと。

そう考えたら、最初はお薦めですするつもりはなかったさわやかとキルフェボンをお勧めする結果になりました。

もちろんこれは一例です。

「いやいや私たちはもっと高級なお店がいいわ」とか、「おいしいものしか食べたくない!」とご要望があれば、別のコースをよろこんでご提案します♪

合わせて読みたい

 

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら