3月の頭から準備を重ねてきたファスティング、三日間を無事終えました。

ざっくりとした感想は「意外とやれるものだな」です。

わなわな問題

お腹が空いた時に、たまにわなわなするような空腹感がありました。

空腹時のわなわな感に耐えられそうにないからファスティングは諦めていましたが、このわなわな感は、酵素ドリンクで血糖値を保ち続けることで発生しないことがわかりました。

やっぱり血糖値だったんだ。そんな感じです。

想定外の出来事

私の場合は冷えとお腹の張り。特にお腹の張りは2日目、3日目継続的にありました。

食べても食べなくても腸内に菌はいますからね。それらは勝手に仕事をしているのだなぁと。これは今後課題として取り組んでいきます。

なんとなく感じていること

肩こりが軽くなってるかも。

私は首と肩のコリがあります。年々ツラくなっています。

今も完全に消えたわけでは無いのですが「ああ、肩がつらい、首が辛い」と感じることが3日目には少なかったように感じます。

血液の浄化ってこういうこと?

体感したことはこれくらいしかないので、後は血液検査で結果を見てみたいなーと思っています。

ランチは白湯

昨日のランチタイムは、気分転換に外に出ました。

スタバでハーブティーをと思ったのですが、なんとスタバが激混みでした。しぶしぶ行ったドトールで紅茶の茶葉を別にしてもらって白湯だけいただきました。

ドトールも激混みでした。新宿恐るべし。

酵素ドリンクを味変

酵素ドリンクの味が苦手ではなかったので、何も感じずに二日間淡々と飲み続けました。

ファスティングのグループで酢を加えることが紹介されていました。

試しにやってみたらこれがすっきりしておいしい。普通に酵素ドリンクを飲むよりも美味しく感じました。これはオススメです。

ファスティングとは

ファスティングはダイエットがクローズアップされがちですが、それ以外にも体と向き合う効果もあります。

三日間のファスティングを体験して感じた事は、ファスティングは自分の体の状態と向き合うことなのだと感じました。

思いかげなくお腹が張ってカンジタ?となるとは、スタート当初は思ってもいませんでした。体の状態が如実に現れるのがファスティングなのかな。

実際に食べていないから、ダイエットを目的に取り組むにもひじょうに効果があるでしょう。

なぜ憶測的に表記したかと言うと、我が家には体重計がありません。明日実家に帰った時に測ってみます。

ファスティングの効果は人それぞれ

ファスティング期間中の感じ方は人それぞれです。

ブログ友達の奈々太郎さんも気づくことがさまざまあったようです。

ファスティング期間中は、不安を感じたり袋、体調の異変を感じたりすることもあります。プロにサポートしていただいたことで、この辺は軽減できました。

まとめ

今日から回復食です。回復食まで終わって初めてファスティングの成果が感じられるはずです。だから今結論を急ぐことはしません。

ただ、これを毎月やりたいか?と考えると、かなり勇気が要るなぁと感じます。

私は1年に1度体のリセットとして取り入れる、仲間と一緒に行うくらいがちょうどいいかな。

ファスティングの記録

 

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら