ファスティングが終わった!と喜びましたが、ここからも大事なのです。

回復食といって、食べない期間から少しずつ食べ物、栄養を入れていく期間です。

ここからも大事!

ファスティングで体内が綺麗になった後は、正しい食事で細胞を健康に組立てる事が大切です!つまり、瓦礫掃除後の環境整備です。

ファスティング期間中に固形物を入れなかったことで、体は吸収が良くなっています。

ここに糖度の高い甘いものを入れた途端、がっつり吸収します。怖い怖い。加工食品などのおかしなものは入れたくありません。

だから回復食の期間中も、準備食同様にカフェインフリー、シュガーフリー、グルテンフリーです。

動物性タンパク質も糖質も、まだ入れないほうがいいそうです。

今日の食事

朝食はファスティングトレーナーお勧めのすっきり大根を作りました。

昆布を私に使いますが、昆布だしはないので刻み昆布をそのまま入れました。ついでに食べてしまいますよ。

回復色の期間中は発酵食品が良いとのこと。お味噌を解いていただきました。

スッキリ大根に、梅干に大根のゆで汁を注いで飲む梅湯とりんご。

お昼も同じものを食べました。

 

おやつはスムージー。野菜と果物のみ。だから回復食期間でも大丈夫なのです。

 

夜はさすがに同じものを食べたくなかったので、野菜の蒸しにしました。

困ったこと

ファスティングの回復食は「三日間以上」は取った方が良いのです。

明日の夜は静岡に帰省します。どうしても外食です。何を食べたら良いのでしょうか。3日目に静岡で飲み会の予定が入っています。どうしよう。

ベジだけで行きますか。飲まない?飲んだらめっちゃ酔いそうです。ノンアルかなー

肉が食べたい

ファスティング期間中は食べ物を見ても特に食欲がわきませんでしたが、食べられるよとなった途端に食欲全開です。

お肉を見れば食べたい。デパ地下をうろうろしてキョロキョロしていました。

行ってみたいお店が3つぐらいあって、いつ行こう?と贅沢な悩みを抱えています。

まとめ

やはり人間にとって食べる事は楽しいこと。

健康を維持するための栄養摂取でもありますが、快楽でもあります。

両方を楽しみたいです。だからこそ、回復食の期間は大事に過ごすことにします。

 

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら