今日明日と静岡で仕事です。そのために昨夜、実家に戻ってきました。

自宅に体重計がないため、実家の体重計で測りました。

2キロ痩せていました!

ダイエットを目的にファスティングしたわけではありませんが、減量を期待している自分がいました。

減量が2キロとわかって感じたこと

減量が2キロだとわかって感じたことは2つです。

①たった2キロかぁ
②どこが2キロも減ったの?

たった2キロ

実は、ファスティング終了後2日目の朝スカートを履いたときに、なんとなくスッキリ履けました。

制服のように毎日同じものを着るわけではないので、変化は感じにくいのかもしれません。

それにしても、もうちょっとお腹周りの脂肪が減っていたらもっとうれしいのに。

されど2キロ

なんとなくスッキリ、と表現したことがすべてです。

うわー、痩せた!

と言えるほど劇的な変化を体感していません。見えない脂肪、内臓脂肪が減っていたらうれしいのだけれど。

来月健康診断があります。血液検査結果が楽しみです。

ファスティングの効果最大化への近道は?

以前書いた通り、ファスティングの醍醐味の一つは、オートファジーの機能向上が最大限活用されることです。

体内に消化が必要なものを入れないことで、出来損ないのタンパク質を一掃して、良質なタンパク質を作るオートファジーのスイッチが入ります。

これが働くにも何するにも、大事なのは筋肉なのではないかと思っています。

栄養素を蓄えられる筋肉が適度についていたら、体内での燃焼がもっと盛んになると思うんですよ。

私は筋肉が少ないので、ここを改善しないと良い効果が得られないなぁと感じました。

まとめ

ファスティングをやってみて感じたことは、自分の身体と向き合うこと。

何キロ痩せたも大事なんですけれども、そこから自分の身体の状況を俯瞰することも大事です。

ファスティング期間中は「食べない」が徹底的に脳に焼き付いていました。

だから食べるなんてとんでもないと思っていましたが、回復食の期間に入り「食べていい」となった途端に、食べたいモード全開です。

回復食期間の4日間は意識をコントロールします。

だから手が、カフェイン、グルテンも、動物性のタンパク質もお預けです。

良いものを体に入れて、ファスティングの効果を最大化したいと思います。

あわせて読みたい

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら