炊飯器で鶏ハム作りにチャレンジ!今度はレシピ通りに挑戦。鶏ハム作りの山は高い!

山は高い方がいい。笑

再び、鶏ハム作りにチャレンジしました。今回は沸騰したお湯を多めに炊飯器に入れました。レシピ通り。温度管理は大事です。

正確さは大事!低温調理に温度計は欠かせない

炊飯器にお湯を注いだ時点で90度以上ありました。保温にして1時間10分。温度を測ったところ73度ありました。

これなら大丈夫!

温度は目に見えません。だからこそ、低温調理には温度計はマストです。肌でわかる達人の域ではありませんから、目で確認します。

仕上がりは70点

お湯から引き上げて氷水でしめました。出来上がりは70点。前回は60点だったので(適当)、点数は上がっています。

プラス10点は、温度を守って安全に食べられるものを作ったこと。見た目がよい。足りない点は、熱が入りすぎしっとり感が弱かった。塩分も弱かった。

電気調理器の長所はほったらかしにできること

温度管理は難しいけれど、ほったらかしで良いところが電気調理器の良い所ですね。仕込みさえしっかりすれば、あとはほったらかしでオッケー♪

ここが直火との違いです。直火好きですけどね、低温調理は電気管理に限ります。

100点への道

鶏ハムはハチミツと塩を塗るのですが、まだそれはやっていません。次回はそこをやってみようかと思います。それと塩分。塩の分量を調べます。

こうして振り返ると、まだまだアレンジしている部分が多いです。反省。

どうやったら納得の鶏ハムができるかと考えると、温度管理ができる調理器具を買うことが1番の近道だと考えます。絶対の安定と安心が手に入りますからね。

でででで。

象印の圧力鍋買いました。うっかりアマゾンでポチりました。また報告します。

 

The following two tabs change content below.
ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。 ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼 詳しいプロフィールはこちら