京都の市街地から約1時間の朽木にあるイタリアンレストランのパラディゾさんで、美味しいランチをいただきました。

わざわざ行く価値あるレストランでした。紹介します。

パラディゾがある朽木は滋賀県です

朽木は鯖街道にあります。鯖街道といっても、そこは滋賀県高島市でした。

 

京都駅からスタートした私たちは、祇園や平安神宮を通り抜け、大原を通過して朽木にたどり着きました。

 

電車とバスで行けないこともないようですが、かなりアクセスが悪いところにあります。

車か、強者な方はタクシーを飛ばしていらっしゃるそうです。タクシーを飛ばしででも行きたい気持ち、わかります。

 

オリジナルのランチメニュー

・自家栽培クレソンのビシソワーズ
・若狭湾の烏賊2種
真イカのサラダ
ムギイカのアヒージョ
・若鹿のコンフィ
・小猪のポルケッタ
・ピッツア(アンチョビ、ガーリック、パセリ)
・ドライフルーツ入りフローズンヨーグルト
・紅茶orコーヒー

3名の食事、白ワイン(デキャンタ)、ピッツアで13,000円でした。お値段以上の美味しさと満足感でした。

通常メニュー

田舎風のイタリアンとジビエと燻製が得意です。

 

オリジナル・ランチコースの紹介

自家栽培クレソンのビシソワーズ

上の白いものは生クリーム、下に緑色のクレソンスープが隠れています。

真イカのサラダ

イカが柔らかで甘くて美味しかったー 野菜も美味しい。

ムギイカのアヒージョ

アヒージョというとオイル漬けのイメージですが、こちらのアヒージョはあっさり。でもしっかり唐辛子の辛味が感じられました。

若鹿のコンフィと小猪のポルケッタ


左が小猪のポルケッタ、右が鹿のコンフィ

ポルケッタは7割脂身ですが、脂がサクッとしていました。燻製のスモーキーさも味に深みを添えていました。

鹿肉は赤身で臭みもなく、クミンの香りがしました。これは赤ワインが合いそうです。

 


添えのマッシュポテト

水を一滴も使わず蒸しあげたもの。サツマイモのような甘さがありました。

 


右上はいちじく。

冷凍のアイスいちじく。上がバーナーで焼かれていて、食べごろサクサクでした。こちらは近隣の農家さんのいちぢくだそうです。

ピッツア(アンチョビ、ガーリック、パセリ)


サクサク生地のピッツア

これは文句なしに美味しい。パセリって普通のパセリを想像していましたが、イタリアンパセリでした。こだわりを感じます。

ネットで見ているとピザも美味しそうだったため、ボリュームをお伺いした上で追加注文しました。

ドライフルーツ入りフローズンヨーグルト

甘さ控えめで口がさっぱりします。

 

こだわり三昧\(^o^)/


今朝、シェフが若狭湾で釣ったイカたち。ピカピカ!

今回は1人3000円位で、炭水化物は不要とお願いしました。メニュー構成はパスタとピザを外して考えてくださっていました。ありがたいです。

今回お店を紹介してくださったのは京都のグルメタクシーの岩間さんです。

ブログと経歴から絶対にハズレは無いだろうと予想していましたが、想像以上でした。おいしかったです。

まとめ


グルマンの隠れ家 15分頃紹介されます

今回ご縁がありお伺いしました。子猪のポルケッタや若鹿のコンフィなどは、外では食べられない逸品だと思いました。

わざわざ行くだけの価値があるレストランです。機会があったらまた行きたいです!

関連ランキング:イタリアン | 高島市その他

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら