• ホットクックは無水調理が得意と言うけれど、ロールキャベツって作れるの?
  • ホットクックでロールキャベツを作るとどんな感じか知りたい。

そう思っている方は多いのではないでしょうか。

実際に作ってみました。ロールキャベツは200mlの水を加えただけ、あとはトマトの水分のみのほぼ無水でできました。

美味しいです。

  • ホットクック×ロールキャベツの作り方
  • ロールキャベツを作って感じたデメリット
  • キャベツの栄養

上記3点について紹介します。

ぴろりんこ
自ら貧血気味で分子栄養学を学んでいるぴろりんこ(@piro25_com https://twitter.com/piro25_com)です。このサイトでは、主に調理家電で作る貧血女子に捧げるレシピと、旅の記録を発信しています。

ホットクックでトマトたっぷりのロールキャベツ

ホットクックは時間と温度を管理してくれるので、煮込み料理もほったらかして出来ます。

ロールキャベツは時間がかかるだけに、ほったらかしがありがたい。

ほったらかしで調理してくれるホットクックで作る水を少しと生のトマトで作るロールキャベツ、とてもおいしいです。

しかし、とてもロールキャベツはとても手間も時間もかかりました。手間がかかった割に、食べ終わっているのはあっという間でした。

手間がかかった点まで、しっかりお伝えします。

ホットクックでトマトたっぷりのロールキャベツ 材料と作り方

材料

  • 豚のひき肉 約300g(塩麹大さじ1をもみ込み一晩おく)
  • キャベツ 1個
  • トマト 小さめ5つ
  • 玉ねぎ 1/2個
  • じゃがいも 2個
  • にんじん 1/2本
  •  塩 野菜と水分量×0.6%
  • 水 200ml

作り方

  1. キャベツから葉を外し、芯の部分は薄く削っておく※削った部分は一緒に煮込む
  2. ホットクックで蒸す(今回は7枚使用) 手動→6蒸し→10分
  3. キャベツの葉は蒸し上がったら冷ましておく
  4. 玉ねぎはみじん切り、じゃがいもとにんじんは適当なサイズに切る
  5. ひき肉と玉ねぎを混ぜる
  6. キャベツの葉に、等分したひき肉をのせ巻く 爪楊枝で巻きはしを止めます
  7. 内鍋に半分程度トマトを敷きロールキャベツを載せる 残りの野菜と水を加える
  8. (全体量−お肉の量)× 0.6%で塩分を計算し入れる
  9. ホットクック手動1カレースープ→混ぜなし→20分加熱
  10. 出来上がり

水分がちょい少なかったと感じましたが、そのままのレシピを記載しています。

ロールキャベツは、行程が多くなりました。

ホットクックでロールキャベツ 作り方を画像で解説

豚のひき肉 前日に塩麹を揉み込みます
1.キャベツから葉を外し、芯の部分は薄く削っておく※削った部分は一緒に煮込む 厚みを揃えると巻きやすくなります
2.ホットクックで蒸す(今回は7枚使用) 手動→6蒸し→10分 上から蓋をギュッと押してもOKです
3.キャベツの葉は蒸し上がったら冷ましておく
5.ひき肉と玉ねぎを混ぜる

巻きの画像がありませんでしたm(__)m

7.内鍋に半分程度トマトを敷きロールキャベツを載せる 残りの野菜と水を加える

【塩分の計り方】

全体量(1640ーひき肉360g=1280)×0.6%=7.7g

ゼロリセットして7.7gの塩を計りながら入れます。

詳細は下記に記載あります。

タニタのキッチンスケール3kgを購入 お鍋ごと計れるからホットクックにもチョー便利!迷っている暇はありません。さっさと買いましょう。

 

10.出来上がり
  • キャベツの葉の下ごしらえと冷まし
  • ひき肉をこねてキャベツで巻く

いつもは野菜をカットし煮込むだけの行程ですが、ロールキャベツはその前に上記2行程が加わります。とても手間がかかると感じました。

その分確実においしいです。ホットクックで作ると野菜の旨味がたっぷりで、ほぼ無水で作れました。

(ホットクックKN-HT24B使用)

キャベツの栄養

キャベツの胃粘膜修復作用は、かなり昔から認識されていたようです。千切りのキャベツはトンカツの漬けは合わせとしてよく登場しますが、消化の劣るとんかつといの粘膜を強化するキャベツの組み合わせは理にかなっているものといえます。

「からだにおいしいあたらしい栄養学」より

キャベツは加熱するととても柔らかくなります。

だから消化にやさしいと思っていましたが、胃粘膜を保護するビタミンUが豊富だから胃にやさしいのでした。

ビタミンUはキャベジンとも呼ばれています。レタスやセロリにも含まれています。昭和の時代には、キャベジンという胃腸を整える薬がありましたね。

加熱するとビタミン類の一部が熱で失われますが、その分たくさん食べられます。

ロールキャベツにはひき肉を使用します。ひき肉はすでに塊肉が撹拌されていますから、消化にもやさしいです。

消化力が低めの貧血さんの体にもやさしいロールキャベツです。

まとめ

ホットクックで作るロールキャベツと、キャベツの栄養について紹介しました。

ロールキャベツが好きで毎年、この季節に作っています。

ブログに書こうと思い写真を撮りながら作ってみて、かなり手間がかかっていると気づきました。

特に最近は、手間をかけずにおいしいものを食べたいと、積極的に手間を省いているから余計にそう感じたのだと思います。

そうは言っても、がっつり料理したい時もあります。

そんな時間に余裕がある時や現実逃避したい時に段取りを決めて作ることをおすすめします。トマトたっぷりの、ほぼ無水のロールキャベツ、美味しいですよ。

ぜひホットクックで作ってみてください!

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら