秋になりスーパーには株が出回るようになりましたね!

大根よりも煮込み時間が短く優しい味わいのかぶを、今回は自家製鶏団子としいたけと煮込みました。

しいたけの出汁が効いた優しい味の具だくさんスープになりました。

かぶとしいたけと肉団子のヘルシースープの作り方と、カブの葉の栄養について紹介します。

ぴろりんこ
分子栄養学カウンセラーのぴろりんこ(@piro25_com)です。このサイトでは、主に調理家電で作る貧血予防・タンパク質摂取アップのレシピと、旅の記録を発信しています。

ホットクックで作るかぶとしいたけと肉団子のヘルシースープ レシピ

11月に入り、冬の気配を感じるようになりましたね。

暖かなスープが恋しい季節になりました。

しいたけの出汁とあっさりとした塩味が美味しいかぶと鶏団子のスープを紹介します。

材料と作り方

材料(4人分)

  • かぶ 1把
  • しいたけ 1パック
  • 鶏のひき肉(可能であればむね肉) 300g
  • ※玉ねぎ 1/2個
  • ※卵 1個
  • ※オートミール(もしくはパン粉) 大さじ2
  • ※葛粉(もしくは片栗粉) 小さじ1
  • ※塩麹 大さじ1
  • 塩 野菜と水の量×0.6%
  • 水 野菜と同量

作り方

  1. 玉ねぎをみじん切りにし、ひき肉と※の食材を加えよく混ぜておく
  2. かぶの根は4等分、葉は5センチのざく切りにする 葉は根と分けてざるに入れておく
  3. しいたけは半分に切る
  4. ホットクックの内鍋をキッチンスケールに乗せ、ゼロリセットする
  5. ひき肉以外の材料を内鍋に入れ同量の水を加え、全体量×0.6%の塩を加える
  6. ひき肉をスプーンで団子にしながら内鍋に加える
  7. ホットクック 手動→1カレー・スープ→混ぜなし 20分加熱カブの葉を加え2分延長加熱する(葉がしんなりすればOK)

 





カブの葉は辛いこともあります。その場合は、お好みで外してください。

(ホットクックKN-HT24B使用)


いただきます

しいたけからいいお出しが出ています。

ひき肉はほんのり塩味(塩麹)が効いて、調味料は塩だけなのにほっこり美味しい!

 

鶏のひき肉はもも肉だから脂肪分が少なく、あっさりしています。とってもヘルシーです。

 

スープも澄んでいて美味です。

水分を調整したり団子の具合を調整したり、3回続けて毎週作りました。毎週作って毎日食べても、まったく食べ飽きない味です。

個人の好みの問題かもしれませんが、私は大好きです。

作り方のところにも書きましたが、かぶの葉っぱは辛みが強く感じられるものもありました。

おいしくないと思ったら外してしまいましょう。笑

カブの葉にはビタミンAが豊富!捨てないで!

カブはアブラナ科の野菜です。

株の端には、ビタミンAが豊富です。

栄養価の高い野菜として有名なケールと同じだけのビタミンAやビタミンC、カルシウムなどが含まれています。

ビタミンAは、視覚や免疫、粘膜を維持したり作ったりという働きに関わっています。乾燥しやすい冬の時期こそ、積極的に摂取したい栄養素です。

捨てるなんてもってのほか!

スープに加えてもいいし、塩麹で揉んで時間をおいて浅漬けにしてもよし。

カブは捨てるところがない野菜です。栄養を丸ごといただきましょう!

かぶの葉とケールの栄養成分(食品成分表より)

かぶの葉(生) ケール(生)
食物繊維 2.9g 3.7g
カルシウム 250mg 220mg
ビタミンA 230μg 240μg
葉酸 110μg 120μg
ビタミンC 82mg 81mg


まとめ

かぶとしいたけと肉団子のヘルシースープの作り方と、カブの葉の栄養について紹介しました。

ほっこり温まりたい季節におすすめのレシピです。

ぜひお試しください!

次におすすめの記事はこちら

【ホットクック】おすすめレシピ5選 冬に食べたい煮込み料理 

ブログランキングに参加しています。
↓画像をポチッとしてね!
にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村


健康・ヘルシー料理ランキング



この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら