血液検査項目で何がわかる?

今回は、コレステロールの検査目的や基準値について紹介します。

年に1度は健康診断を受けている方は多いと思います。

検診結果の1つに血液検査の結果がありますね。

  • 毎年もらうけれど何が書いてあるのかわからない
  • 誰も説明してくれないからわからない
  • 特に気にしたことがない

上記のように思っている方は多いと思います。過去私もそうでした。

これが本当にもったいない。

血液検査データは、体の中で起こっていることを唯一知らせてくれるツールです。

何が書いてあるのか、健康状態はどうなのか知る手がかりになります。

知らないと損しますよー

では、さっそく紹介します。

ぴろりんこ
分子栄養学カウンセラーのぴろりんこ(@piro25_com)です。このサイトでは、主に調理家電で作る貧血予防・タンパク質摂取アップのレシピと、旅の記録を発信しています。

血液検査の目的

血液を検査することで、自分では気づかない、詳しい体の状態を知ることができます。血液検査をする主な目的は、病気の原因を調べる、診断の確認をする、病気の進行度合を調べる、治療効果を確認する、などがあります。また健康な時でも健康診断を受けることで、病気の早期発見、早期治療につながることはもちろんですが、生活習慣を見直す良い機会となります。

利根川中央病院「血液検査で何がわかるの?」

健康診断で血液検査をする主な目的は、「病気の早期発見、早期治療」です。

分子栄養学では、ドクターさんは消防士、高値(炎症があり病気と認められる可能性が高い状態)は火事に例えられます。

血液検査は、体の中で火事が起こっていないかを確認するためのものです。

火事になっていた場合は、消防士さん(ドクター)に火を消して(診察と治療)もらいますが、火事でない場合は、特に指摘がないのが血液検査です。

ほとんどの場合、大きな病気は発症していないので何のフィードバックもないのが血液検査です。

コレステロールとは何かと検査の目的について

コレステロールとは何かと、検査の目的について紹介します。

コレステロールとは

コレステロールとは、ステロイドに分類され、その中でもステロールと呼ばれるサブグループに属する有機化合物の一種である。(中略)コレステロール分子自体は、動物細胞にとっては生体膜の構成物質であったり、さまざまな生命現象に関わる重要な化合物である。よって生体において広く分布しており、主要な生体分子といえる。

Wikipedia コレステロール

コレステロールと聞くと、太り過ぎや脂肪などの言葉がイメージされませんか?

実際には、そうばかりではありません。

コレステロールは、細胞膜や胆汁酸、ビタミンDを作る材料になります。

高すぎるコレステロール値は改善が必要ですが、低すぎる場合も栄養に偏りがあるし、必要なものが作られにくいと考えられます。

体内では一定のコレステロールが必要なのです。

ステロイドについては、以下をお読みください。

ステロイドは、ほとんどの生物の生体内にて生合成され、中性脂質やタンパク質、糖類とともに細胞膜の重要な構成成分となっているほか、胆汁に含まれる胆汁酸や生体維持に重要なホルモン類(副腎皮質ホルモンや昆虫の変態ホルモンなど)として、幅広く利用されている。
Wikipedia ステロイド

コレステロール値 検査の目的

LDLコレスレロール

低比重リポタンパクに包まれたコレステロールで、肝臓から全身へコレステロールを運ぶ。悪玉コレステロールと呼ばれていた。

検査の目的

  • 目的 動脈硬化性疾患の危険因子を調べる。
  • 基準値 70〜139mg/dL
  • 高値の場合 狭心症、心筋梗塞、糖尿病、甲状腺機能低下症など
  • 低値の場合 肥満、甲状腺機能亢進症、肝硬変、慢性腎不全など

HDLコレステロール

高比重リポタンパクに包まれたコレステロールで、末梢組織や細胞から余分なコレステロールを回収して肝臓まで運搬する役割を果たす。善玉コレステロールと呼ばれていた。

検査の目的

  • 目的 動脈硬化性疾患の危険因子を調べる。
  • 基準値 男性:40〜80mg/dL 女性:40〜90mg/dL
  • 高値の場合 薬剤の影響、長期多量飲酒など
  • 低値の場合 脂質異常症、糖尿病、甲状腺機能亢進症、脳梗塞など

気をつけること

  • 女性の方がやや高めで、加齢とともに数値も高くなる。
  • LDL>HDLの場合、動脈硬化の危険性が大きくなる。

基準値は幅広いため、真ん中くらいの値が好ましいです。

血液検査データの値は、高過ぎると病気になるリスクが高いため重視されますが、少な過ぎることも健康な生活を送ることに支障が出ます。

まとめ

血液検査項目のLDLコレステロールとHDLコレステロールについて紹介しました。

検査結果で指摘のない方も、ぜひ一度ご自身の数値を確認してみてください。

基準値であることで安心が得られますよ。

【参考資料】

次におすすめの血液検査項目の記事はこちら

【赤血球数】血液検査項目で何がわかる?基準値や検査の目的について

【白血球】血液検査項目で何がわかる?基準値や検査の目的について

ブログランキングに参加しています。
↓画像をポチッとしてね!
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村


Oisix(おいしっくす)

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら