血液検査項目を知ろう! ヘモグロビン

お立ち寄りありがとうございます。ぴろりんこです。

今回はヘモグロビンです。

ヘモグロビンとは

赤血球中に存在するタンパク質。赤色素であるヘムを持っているため、赤色を帯びている。

血中酸素分圧の高いところ(肺)で酸素と結合し、低いところ(末梢神経)へ酸素を運搬する。末梢の低いところで酸素を分離して還元ヘモグロビンとなり、肺に戻って再び酸素と結合する。

酸素を運搬するすごいヤツなのですね!

ヘモグロビン検査の目的

・目的 体内での酸素と二酸化炭素の代謝ができているかを知る。貧血の原因や種類、性質を判断する。
・基準値 男性:13.6〜18.3g/dl 女性:11.2〜15.2g/dl
・高値の場合 悪性貧血、肝臓疾患が疑われる。栄養不良でも高値となる。
・低値の場合 鉄欠乏貧血、再生不良貧血、溶血性貧血などが疑われる。胃・腸管の障害による鉄吸収不足、大量出血でも低値となる。
(分子栄養学的見解)

まとめ

血液って、すごい役割を果たしているんですね。人体構造自体が神業でして、血液は知れば知るほど奥が深く大事にしたいと感じます。

だから、タンパク質です。

今日のおやつは、空腹に任せてみかんとぶどうを食べました。ランチはお蕎麦でタンパク質不足です。おやつは納豆が正しい選択でした。今深く反省しています。タンパク質摂取、習慣にしたいです。

 

分子栄養学実践講座(詳細情報は会員のみ閲覧可)
ウィキペディア
コトバンクブリタニカ国際大百科事典

The following two tabs change content below.
ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。 ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼 詳しいプロフィールはこちら