格安SIMに乗り換えてはや一年。メリットデメリットをまとめました!

お立ち寄りありがとうございます。ぴろりんこです。

ソフトバンクから格安SIMに切り替えて1年近く経ちました。メリットや使い心地をまとめてみました。

 

「格安SIM時代の通信費見直し講座」を受けてみました

 

格安SIM(Freetel)へ乗り換え、結果は大正解でもあり課題もあります。

何が大正解だったかというと、現状把握ができて不要なサービスを排除、コストダウンができたことです。反面課題もあります。

現状把握でわかったこと

* 3G程度しか通信していなかった。使い放題の意味がなかった!
* かけ放題の通話も、かけ放題だから使っていただけ。
* 2年更新のタイミングだった。切り替えコストは発生しない。

これ、真奈美さんの講座を受けなかったら、きっと今でもそのままだった気がします。知らないって、損ね。

今は通話も極力減らしています。月額料金をウォッチしてわかったことは、通話が少ないこと。初期に契約した「通話1分かけ放題(299円)」というサービスも解約しました。

乗り換え大正解!

一番のメリットは、コストが下ったこと。

・ソフトバンク時代:7800円程度(機種代なし)
・フリーテル:合計6200円(通話・通信2700円+機種代3500円)
・メールアドレスををGoogleアドレスへ変更。2年縛りもなし。

当然のようにソフトバンクのメアドを使っていました。

携帯電話会社の変更の何が面倒って、電話番号とメアドの変更が面倒ですよね。これを機にメアドを変更したことで、NBPとメアド変更なしでいつでも乗り換え可能で身軽になりました。

イマイチな点

・iPhoneのバージョンアップで通話アプリ(いつでも半額プラン)が使えなくなった。
・速度は速いとは言いがたい。デザリングはイマイチ。

超格安で格安SIMを楽しむには

通話も通信もさほど多くない方がオススメです。

通話が多い方や、通信が多い方はキャリアの方が費用対効果が高いはずです。また、手からiPhoneが伸びているような、スマホ命の平成世代はキャリアの方が使い勝手が良いはずです。

格安SIMから社会を見る、自分の習慣を振り返る

先週は勝間塾のサポートメールで格安SIMがテーマでした。

タイ在住の方の投稿にはカルチャーショックを受けました。

海外では、ドリンクの自動販売機の如く格安SIM販売機があるとか、購入が自由だとか。それに比べて日本では、旅行者への格安SIM提供可能なサービスが少ないとか、SIMの入れ替えをしてくれないとか。

子育てを始めてから海外は遠い存在で、わが国と海外の格差、習慣の差に驚きました。同時に、広い世界を身近に感じられるようになりたいなとも思いました。

IT分野は苦手、だから放置!と苦手なものを避ける習慣や思考停止は良くない、というより勿体ないのです。それに気づいた1週間でもありました。

格安SIMの比較サイトを眺めて、乗り換えを検討しようかしら。

 

寺澤真奈美さんのサイト
M-project Manami Terasawa FP&COATHING

 

格安SIM検討からライフスタイルを考えた件

The following two tabs change content below.
ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。 ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼 詳しいプロフィールはこちら