音声入力(私の場合②) 完成度は約8割で満足しつつ、小さな成長を積み重ねる

大絶賛の音声入力。第2弾は、音声入力を試して気づいたことをお伝えします。

音声入力(私の場合①) さよなら、キーボード?新しいチャレンジで楽しくアウトプットする

①入力後に手修正はマストです

音声を入力する音声を拾うと言う事は、実はなかなか難しいことです。日本語は複雑ですね。

例えば、「秋田」と「飽きた」

どちらも同じ言葉同じ3文字。iPhoneは秋田県の秋田を拾います。こういった場合には手入力で修正が必要です。

②つぶやく場所を選ぶこと

新幹線の中でブログのネタをつぶやいていました。言葉を拾う時と、まったく言葉を拾わない時があります。

車の音、話し声、電車の音など、私たちは騒音の中で生きているんだなと感じます。

可能な限り静かな場所でゆっくりと、滑舌よくがお勧めです。

③スピードについて

キーボードで入力するよりも10倍早いは、私の場合には言い過ぎですが、検索だけだったら、5倍は早いと思います。

ところが、ブログを書こうとすると、私の場合スピードは半分ほどです。

キーボード入力のときは、考えるスピードとキーボード入力するスピードが合っていたのだとわかりました。考えながら話すことは、訓練が必要です。まだまだこれから♪

 

④曖昧も受け入れて、「べき」は捨てる

検索をするときにキーワードを入力します。キーワードとキーワードの間に、スペースを入れていました。これ、必ずやるものだと思っていました。

「改行」は「新しい行」と発するとで変換されますが、スペースはどんな言葉を入れても出てきません。

そこで、キーワードを全て続けて入力することにしました。今までだったらありえないことも、とりあえずやってみます。キーワード羅列でも、希望のものは検索できることがわかりました。

キーボード入力と同じことにこだわるよりも、今できることに注目しています。

扉は開かれた

私はフリック入力が苦手でした。だからiPhoneでブログを書くことはありませんでした。

しかし、音声入力にしてから変わりました!

iPhoneで「Evernoteで入力→修正→入力した文章を読み上げ」でブログを書いています。そして、iPadで手修正を加えています。慣れないことも多いのですが、もうね、ホントに画期的!

この小さなiPhone、まさにアイディア製造工場ですね♪

「話すだけで書ける 究極の文章法」を読んで、アイディアの欠片を集めて文章を書こう!

The following two tabs change content below.
ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。 ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼 詳しいプロフィールはこちら