アマゾンで最小最軽量のモバイルバッテリーPoweradd 5000mAhを購入しました。

今までもモバイルバッテリーは持っていましたが重かった。そのため、めったに持ち歩いていませんでした。

肝心な時に持っていない、バッテリーが少なくて心もとないと言う事態が発生したり。

最小最軽量になったことで、「持って行こうか、どうしようか」と迷うことなく持ち歩けるようになりました。

紹介します。

Poweradd 5000mAh 最小最軽量!

今回は、とにかく軽く小さいものを探しました。

このモバイルバッテリーは、なんと重さが99gです!

アマゾンの紹介によると卵1つが約60グラム。卵1つに匹敵するほどの軽さということです。

確かに100gを切るこの軽さは、持ち歩きのストレスをまったく感じさせません。

1回の充電でスマホをフルに充電できる!

薄型や小型になると、フル充電したときのバッテリーの容量が小さくなります。

5000mAhとは、スマートフォンを1回フル充電できるぐらいの容量です。

一般的なモバイルバッテリーは10000mAh、スマートフォンを2回フル充電できる容量です。

10000mAhに比べると非力に感じますが、私の場合は1日1回追加充電するかしないかなので5000mAhでも十分です。

Poweradd5000を選んだ理由

一番の理由は軽さ!

スティックタイプのモバイルバッテリーはいくつかあります。

アマゾンで検索をすると、似たようなものが出てきます。値段も近いのであれば知名度の高いアンカーの方がいいのかなと思ったのですが。

よくよく見比べたところ、アンカーは重さ134gでした。

値段も高いし重いのです。同じ機能であれば、当然軽くて安い方を選びますよね。

旧モバイルバッテリーとの比較

以前は、一番右のアンカーの10000mAhを使っていました。

見ての通り、サイズからして大きい。存在感ありすぎ。

 

そして重い。

それが当たり前だと思っていましたが、持ち歩くには負担を感じ、結果持ち歩かないというマイナスな状況でした。

モバイルバッテリー選びのコツ

モバイルバッテリー選びのコツは「どんな機器を、どのくらいの量を充電したいのか」に尽きます。

私の場合はiPhoneを1日1回追加で充電したい。PCはコンセントのある所で使うはずと思い、PCの使用は充電対象から外しました。

だから5000mAhで十分です。

スマホもPCも充電したい。他のガジェットも充電したいとなったら、10000mAhの方が良いです。

「何をどれくらい充電したいのか」をしっかり考えてのモバイルバッテリー選びをお勧めします

まとめ

スマートフォンと言う便利なものを持っているのに、バッテリーの減りが気になって使えないのは本末転倒です。

最近は、Kindleの読み上げ機能を積極的に使っているため、バッテリーの消耗が早いです。そのために持ち歩きにストレスのない軽量モバイルバッテリーを購入しました。

ストレスなく使い続けるためにも、最小最軽量のモバイルバッテリーはお勧めです。

あわせて読みたい

12月14日イベント開催します「美味しいレバー料理と知識で貧血を改善しよう!」

疲れやすい、むくみやすい。怒りっぽい。
このような症状は貧血が原因かもしれません。
貧血を改善するレバー料理と血液検査データからわかる数値で、貧血の症状や改善をしましょう。

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら