スーパーで目にするたびに気になっていたタスマニアビーフ。

トップバリュだからイオン系のスーパーに置いてあります。

なにやら体にやさしい言葉が並んでいる、お値段もお手頃♪

実際に使ってみました。紹介します。

トップバリュのタスマニアビーフ 安心の「不使用」

パッケージが信頼を表すグリーンで目を引きます。(戦略に引っかかりやすいタイプです)

安心と感じた点は、タスマニアビーフの売りでもあります。

4つの不使用

・成長ホルモン剤
・抗生物質※ただし、病気予防のためにワクチンは使用
・遺伝子組み換え飼料
・肉骨粉

トップバリュ タスマニアビーフのHPより

牛肉は鶏肉や豚肉に比べ、飼育期間が長いです。

どんな飼料を使っているか。

遺伝子組み換え飼料など、粗悪なものを使っている場合、私たちの体への影響が心配になります。

遺伝子組み換え飼料を使っていない、それがわかることはうれしい、安心できる食材です。

タスマニアビーフはお手頃価格

牛肉は高い。

100g 400円以上するイメージです。

私の場合、勇気を出して牛肉まっしぐらなメニューにするか、脇役的に使うかのどちらです。

滅多に食卓に上がらない肉No.1であることは、間違いありません。

ところが、トップバリュのタスマニアビーフは196gで584円。

100gあたり約300円です。

日本の牛肉の約75%のお値段で買えます。決して安くはありませんが、手を出せない値段でもありません。

たまには牛肉にしようか、と思える値段でありがたいです。

赤身肉のおいしさ

タスマニアビーフは赤身肉のおいしさが売りです。

ポイント①肉本来の味わい
脂肪分が少なくてさっぱりとした味わいが楽しめる赤身肉。幸が入った霜降り肉とはまた違った美味しさ

ポイント②充実の食べ応え
しっかりとした肉質で口に入れたときの弾力があるので、ステーキなどのお料理にオススメ。

ポイント③ヘルシー食材
低カロリー、高タンパクであるほか、多く含まれる鉄分の「ヘム鉄」は、野菜類の「非ヘム鉄」に比べ吸収されやすい。

トップバリュ タスマニアビーフのHPより

赤身肉は、鉄欠乏さんにはうってつけの食材!

お肉には脂肪分多くが含まれます。

それが動脈硬化の原因にもなりますが、赤身肉なら脂肪分を低く抑えることができます。リスクを低くすることができるのです。

そして、ヘム鉄多め♪ありがたいです。

タスマニアビーフで作った煮込み料理

輸入肉の思い出

子供の頃、お肉屋さんでベーコンに巻かれたオージービーフが売られていました。

ベーコンが巻かれているステーキに新鮮さを感じた私は、「あれが食べたい!」と母にねだりました。

「輸入のお肉は固いと聞くけど」という母の言葉を無視して、買ってもらい、めでたく夕食に登場しました。

味は…

母の言うとおり、牛肉のおいしさは感じられず、パサパサで固かった…

期待していたステーキが残念な結果になり、子供心にがっかりした記憶があります。

子供の舌でもおいしくないと感じたのですから、それなりだったのだと思います。

この経験から、輸入肉とは距離を置いてきました。日本のものが1番おいしくて安全だと思っていたことを思いたのです。

まとめ

高級スーパーでグラスフェッド(牧草を餌として食べる)で育った輸入肉を見たことがありますが、びっくりするようなお値段でした。

それに比べてタスマニアビーフはお手頃価格。

栄養価も高い牛肉、食卓の登場回数を増やしませんか?鉄分補給という意味でもおすすめです。

ただし、毎日牛肉は偏り過ぎです。豚、鶏、魚介バランスよくお願いします♪

牛肉をたっぷり使うハヤシライスの紹介はこちら!

 

12月14日イベント開催します「美味しいレバー料理と知識で貧血を改善しよう!」

疲れやすい、むくみやすい。怒りっぽい。
このような症状は貧血が原因かもしれません。
貧血を改善するレバー料理と血液検査データからわかる数値で、貧血の症状や改善をしましょう。

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら