ヨーグルトにオートミールやドライフルーツを漬け込んで食べることが好きです。

今回は冷蔵庫にオレンジがありました。

そのままでも十分美味しいのですが、オレンジとカカオニブでちょっとおしゃれ味のミューズリーを作りました。

ミューズリーの良い点は、色々なものを混ぜることができること。オートミールやココナッツフレークで栄養とカサを増します。

紹介します。

オレンジ×カカオニブのミューズリー

材料

  • ヨーグルト
  • オレンジ
  • オートミール
  • クコの実
  • カカオニブ
  • ココナッツフレーク

作り方

  1. ヨーグルトにオートミールとクコの実を漬け込んで、少し時間を置く
  2. ミューズリーにカットしたオレンジを混ぜ、器に盛る
  3. カカオニブとココナッツフレークをトッピングする

一手間かけるだけで、簡単でおいしいおやつの出来上がりです。

オレンジ×カカオニブ ちょっとオシャレな味


オレンジが見えなくて残念…

チョコレートとオレンジの組み合わせで思いつくものといえば。

オレンジピールや、チョコレート×オレンジのケーキ。チョコレートとオレンジって合うんですよね。

カカオニブはチョコレートのように甘くはありませんが、苦味とオレンジの甘さがよく合いました。

シュガーフリーのきっかけ

シュガーフリー、加工品のお菓子を食べない。

3年前の私だったら考えもしませんでした。

糖質依存だったことに気づいたことが変化の1番大きなきっかけですが、それ以外にも周りの環境で食生活を変えることもできます。

勝間塾で勝間和代さんからシュガーの怖さをじわじわと教えていただき、シュガーフリーを実践している方々に会い、周りの環境が変わることで食べるものを変えることができました。

自宅こそシュガーフリーのチャンス

外出先でお茶をしようと思ったら、小腹が空いた時にシュガーフリーのものを探すのは至難の業です。

どっかり疲れていた日には、思わず甘いものに手が伸びます。

お友達と一緒にいる時にも、つられて食べてしまうものです。たまにはいいのです。

隙あらば甘いものに手が伸びるのが女心ではありませんか?

その点、自宅であればコントロール可能です。

私の場合は、自宅に砂糖がないので必然的に何を作るにもシュガーフリーです。

蜂蜜は置いてありますが、シュガーフリーに慣れてしまうとめったに手を伸ばしません。

避けたいものは家におかない。これが1番です。

こんな私ですが、実家に帰ると毎朝飲むミルクティーに、ほんの少しだけ蜂蜜やお砂糖を入れています。

あるとついつい手が伸びます。だから置かない。これが一番!

まとめ

巷を見渡すとシュガーフリーのものを探すのは至難の業です。

しかし、自宅では工夫をすればおいしいシュガーフリーのおやつができます。

カカオニブとオレンジで、ちょっとおしゃれな自家製おやつを作ってみませんか?

 

キウイとピタやパウダーのミューズリー

シュガーフリーの罪悪感ゼロアイスクリーム

12月14日イベント開催します「美味しいレバー料理と知識で貧血を改善しよう!」

疲れやすい、むくみやすい。怒りっぽい。
このような症状は貧血が原因かもしれません。
貧血を改善するレバー料理と血液検査データからわかる数値で、貧血の症状や改善をしましょう。

この記事を書いた人

ぴろりんこ

ぴろりんこ

読書が趣味で健康&ログオタクのぴろりんこです。ブログの投稿を通じて健康オタク度が上昇しました。現在、分子栄養学を勉強中。目標は、健康でワクワクのお手伝いをすること。豊かな人生の扉を開くお手伝いをすることです。目標に向かって試行錯誤する日々を綴ります。
ストレングスファインダーTOP5 最上志向、ポジティブ、未来志向、包含、アレンジ VIA TOP5 好奇心、希望、公平さ、親切心、審美眼
詳しいプロフィールはこちら